生後2歳までの抗菌薬使用歴がアレルギー疾患発症のリスクに関連 国立成育センター
ニュース 2018/05/21

生後2歳までの抗菌薬使用歴がアレルギー疾患発症のリスクに関連 国立成育センター

WHITE CROSS編集部
国立成育医療研究センターは5月10日、2歳までの抗菌薬の使用と5歳におけるアレルギー疾患の有症率との間には有意な関連があり、抗菌薬を使用した群でアレルギー疾患の発症リスクが高くなることを解析したと発表した。
 
この研究は、同センターアレルギー科の大矢幸弘医長、山本貴和子医師らのグループによるもの。
 
日本人を対象としたコホート研究のデータを解析
アレルギーの発症リスクを増やす要因は、性別・…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー