歯科レントゲン写真から分かるビタミンD不足とその活用 カナダ
ニュース 2017/11/15

歯科レントゲン写真から分かるビタミンD不足とその活用 カナダ

WHITE CROSS編集部
カナダのマックマスター大学の研究チームは、考古学と科学を結びつけた研究の成果として、歯科レントゲン写真から個体のビタミンD不足が分かることを突き止めた。
 
ビタミンDは体内のカルシウムバランスの調整や骨の健康を保つ役割を担っており、その欠乏は小児におけるクル病や成人における骨軟化症・骨粗しょう症につながる。また近年では、糖尿病・動脈硬化・免疫力低下・自閉症・うつ病・花粉症などとの関連も研究さ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー