咬合のずれが示唆する幼若期のストレス 米国
経営 2017.04.19

咬合のずれが示唆する幼若期のストレス 米国

WHITE CROSS編集部
研究者たちは、受胎後の最初の1,000日間の人体へのストレスが、成長後の社会性や情動行動障害、人の寿命や慢性疾患に対する感受性などに強く影響すると繰り返し結論づけてきた。
 
その一方で、幼若期においてストレスが実際に存在したかどうかをさかのぼって知るためには評価基準が必要である。
 
これまで、出産以前の人体へのストレスを評価する際には、出産時の低体重が一番の評価基準と考えられてきた。しかし…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

人気記事ランキング

おすすめのセミナー