富山大学は11月26日、小児のエナメル質形成不全の割合は、西日本で高く、東日本で低い、「西高東低」の分布を示すことを明らかにしたと発表した。
 
この研究は、同大地域連携推進機構 地域医療保健支援部門(大学院生の浅香有希子歯科医師と関根道和教授ら)と日本小児歯科学会の共同で行われたもの。
 
 
この記事のポイント
①エナメル質形成不全の疫学について国内で大規模な全国調査が行われたのは初めて
②エナメル質形成不全の国内の有病率は19.8%
③有病率には地域差があり、西高東低型の分布を示している
 
有病率は日本全体で19.8%、最も高い四国は28.1%
第一大臼歯と中切歯のエナメル質は、出生直前後の時期に形成される。エナメル質形成不全は審美的な問題や、う蝕になりやすいという問題があり、近年注目を集めている。しかし、エナメル質形成不全を持つ小児の割合(有病率)や、その地域間の差は全国規模の調査…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

位相差顕微鏡を活用しよう!の画像です

位相差顕微鏡を活用しよう!

日時
[岡山] 10月27日(日)10:00〜16:00
[札幌]11月17日(日)10:00〜16:00
[名古屋]12月8日(日)10:00〜16:00
会場
岡山・札幌・名古屋
費用
新規受講料 43,200円
追加おひとり 21,600円
再受講料 16,200円

※ すべて税込
GPのための超本格矯正講座[2年コース]の画像です

GPのための超本格矯正講座[2年コース]

日時
10月12日(土)9:00〜 全15日間
会場
東京駅近郊
費用
980,000円(税別)
安心、安全、患者納得の咬合調整法とその場で解決開口障害の画像です

安心、安全、患者納得の咬合調整法とその場で解決開口障害

日時
9月29日(日)9:00〜16:00
会場
東京八重洲ホール
東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル
費用
受講料 50,000円
追加おひとり 40,000円
再受講料 27,000円

※ すべて税別