支台歯形成を学ぼうとする場合、支台歯形成は一度削るとどこをどれだけ削ったのかが分からないので、客観的な評価が難しく、抽象的な指導しか受けられず、技術の習得が困難でした。

本コースでは、形成した支台歯をスキャンし、「削った支台歯」と「最終補綴物の歯冠形態」と「理想的な支台歯」をCAD上で重ね合わせ、どこに問題があるのかを可視化し、具体的に解説するので、受講生が自ら気づき、改善できるので、早く技術の習得ができます。

歯科医師は、知識を手に伝えて、具現化しなければなりません。
デジタル時代だからこそ学び直したい支台歯形成の知識と技術をお伝えできればと思います。

見えれば、分かる!出来る!支台歯形成 Basic Course[2日間コース]

  • 日時

    11月9日(土)10:00〜17:00
    11月10日(日)10:00〜17:00

  • 会場

    株式会社ヨシダ 大阪支店
    大阪府大阪市西区北堀江1-8-10

  • 費用

    135,000円(税・実習模型・オリジナル形成ゲージ・ダイヤモンドバー込)
    ※実習模型(ニッシン社インビクタス)をお持ちの方は 113,400円(税込)

  • 定員

    8名

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    咬合・補綴、技工・デジタル・CAD/CAM

申込み
シェア
LINEで送る