ペプチドを活用した新しい歯科製品によるう蝕治療 米国の画像です
ニュース 2018/04/14

ペプチドを活用した新しい歯科製品によるう蝕治療 米国

WHITE CROSS編集部
米国、ワシントン大学の研究チームがACS Biomaterials Science and Engineeringにて発表した研究成果によると、エナメル質を再構築する作用を持ち、う蝕治療にも使用できる 「ペプチドを活用した新しい歯科製品」 の開発を行っているという。研究チームは、歯のエナメル質に存在し、歯牙の再構築に携わるタンパク質であるアメロゲニンに注目した。アメロゲニン由来のペプチドと生体が持つ再石灰化作用により、再石灰化に必要なカルシウムやリン酸イオンを効率的に歯牙の表面に誘導し、結合させることができるという。
 
出典: UW News_Peptide-based biogenic dental product may cure cavities
1回の使用により、10〜50μmの新しいエナメル質の層を歯牙表面に生み出すことができるという。今後の開発次第で、これまでの歯科治療に取って代わる手法として、あるいは日常生活においても歯磨き剤の内容物として使用できるようになるという。
 …
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー