知覚過敏治療における緑茶成分の可能性 中国の画像です
ニュース 2017/08/05

知覚過敏治療における緑茶成分の可能性 中国

WHITE CROSS編集部
う蝕・歯周病に及ばずとも罹患率の高い歯科疾患の一つが、知覚過敏である。軽度の知覚過敏までを含めると、日本人の4人に1人、あるいは3人に1人が知覚過敏を経験しているというデータもある。
 
知覚過敏においては、ブラッシングの指導、レーザー治療、歯面への薬剤塗布など様々な治療が行われる。その中でも、歯面への薬剤塗布においては、ナノハイドロキシアパタイトにより露出した象牙細管を密封する治療法が、長年に渡って行われている。
 
 
American Chemical Societyに今月上旬に掲載された、中国の武漢大学の研究チームの論文によると、ナノハイドロキシアパタイトは通常の歯磨き、グライディング、う蝕原性菌によって産生された酸などへの耐性が弱く、ナノハイドロキシアパタイトに変わる素材として、緑茶の成分が有効であるという。
 
研究においては、抜去智歯の象牙細管に、ナノハイドロキシアパタイトと緑茶ポリフェ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー