骨太の方針2020  ポストコロナ時代の歯科医療へ / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

7月17日、「経済財政運営と改革の基本方針2020~危機の克服、そして新しい未来へ~」、いわゆる「骨太の方針2020」が経済財政諮問会議での答申を経て、閣議決定された。「骨太の方針」は年末の予算編成に向けて、国の政策の基本的な方向性を示すものである。例年、6月上旬に公表されてきたが、今年は新型コロナウイルス(以下、COVID-19)の影響があり、7月8日に原案の公表され、17日に正式に閣議決定された。
 
 
この数年間、骨太の方針において、これからの日本社会において求められる歯科医療の姿が示されてきた。
 
骨太の方針2017において、口腔健康と全身健康との関連性、歯科健診と口腔ケアの推進が明文化され、翌2018年には、地域における医科歯科連携の構築が盛り込まれた。そして2019年には、口腔健康と全身健康との関連性についてエビデンスの信頼性の向上、国民への情報提供、歯科医師・歯科衛生士の仕事がフレイル対策につ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_1の画像です