Student Dentistの公的化により歯学生による歯科医行為促進へ 厚生労働省 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医療従事者専用サイト

厚生労働省は13日、「~シームレスな歯科医師養成に向けた共用試験の公的化といわゆるStudent Dentistの法的位置づけについて~」をとりまとめ、そのホームページ上で公開した。その上で、卒前卒後での一貫した歯科医師の養成を目的に歯学生がStudent Dentist として患者への治療を行いやすくなるように、歯科医師法の改正に向けた準備を進める方針を示した。医師についても同様に、Student Doctorの公的化を図るという。
 
現行の歯科医師法は、「歯科医師でなければ、歯科医業をなしてはならない。」と規定している。歯科医師の資格を取得していない歯学生が歯科医行為を行った場合に無免許での歯科医行為となるかどうかが問題となるが、実習として適切な指導・監督下で行う歯科医行為については実質的に違法性がないと解釈されている。しかしながら患者からの同意を得ずらいなど様々な障害により、現在、多くの歯科大学の登院実習は見学が中心となっ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(4)

歯科医師
首都圏私立歯科大学教授先生 2020/05/15 20:32
歯科医師
匿名先生 2020/05/20 12:57

人気記事ランキング

おすすめのセミナー