世界歯学部ランキング 2019 カロリンスカ研究所が第1位 日本勢は医科歯科と阪大がランクイン / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

イギリスの大学評価機関 クアクアレリ・シモンズ社(QS)が毎年発表する世界大学ランキングは、世界で最も広く使われている大学評価指標のひとつである。分野別ランキング(QS World University Rankings by Subject)は主要36学術分野を網羅しており、歯学分野は2015年版から追加され、上位50校が発表されている。
 
その2019年度版ランキングにおいて、カロリンスカ研究所(スウェーデン)が1位となり、昨年まで首位をキープしていた香港大学は4位となった。日本勢では東京医科歯科大学が世界で10位に、大阪大学が世界48位にランクインした。
 
トップ10は以下のとおり。
第1位: カロリンスカ研究所(スウェーデン)↑
第2位: キングス・カレッジ・ロンドン(英国)→
第2位(同): アムステルダム歯科大学(オランダ)↑
第4位: 香港大学(中国)↓
第5位: ミシガン大学(米国)↓
第6位: イエテボリ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング