東京医科歯科大学が世界最高の小規模大学ランキングで日本第1位、世界第15位に選出 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医療従事者専用サイト

東京医科歯科大学は8月10日、英国の高等教育機関情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(以下、THE)」が2018年8月3日に発表した「The World’s Best Small Universities 2018(世界最高の小規模大学を選出するランキング)」において、国内で唯一ランクインし、世界で第15位の大学に選出されたと発表した。
東京医科歯科大学は、学部学生1,494名・大学院生1,492名を合わせた学生総数が2,986 名(THEの調査対象日である2015年5月1日現在)。
国際的にも小規模な大学でありながら、医学部・歯学部・教養部・生体材料工学研究所・難治疾患研究所など高いレべルの教育研究組織を擁する医療系総合大学だ。 
The World’s Best Small Universities について
THE 世界大学ランキングは、世界でもっとも広く使われている大学評価指標のひとつ。今回、THEが発表する「The World’s Best Small Universities 2018(世界最高の小規…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー