医科歯科連携最前線 「リハビリテーション科における歯科医療の可能性 ー足利赤十字病院ー」中編 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

栃木県の足利赤十字病院は、栃木県足利市における地域医療を支える中核病院であり、日本を代表する医療機関の一つである。
 
足利赤十字病院のリハビリテーション科に歯科が加わったのは2010年。それから8年をかけ、一般的に想像される歯科医療の枠を越えた環境において、摂食・嚥下リハビリテーション、咀嚼機能回復、そして病棟における口腔ケアに関わってきた。
 
医科歯科連携最前線 前編へ
 
前編では、病院に深く根ざした歯科医療の姿を追った。中編では、リハ科の歯科医師である寺中 智先生、尾﨑 研一郎先生へのインタビューを通じて、如何にして医療の中に歯科医療を浸透させてきたか。その軌跡をお伝えする。
インタビュー#1 尾﨑 研一郎先生

クリックで歯科医療人紹介へ
 
Q. 足利赤十字病院において歯科医療が定着してきた経緯を、先生のキャリアに重ねてお聞かせください。
国内でのリハビリテーション科(…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

関連記事

人気記事ランキング