"人生100年時代" という言葉が一般的になり、健康寿命の延伸が叫ばれている。その時流に寄り添うかのように、医療は治療中心から、治療と予防のバランスへとシフトしていこうとしている。
 
日本の歯科医療もまた、大きな転換点を迎えている。国家レベルで、口腔の全身への影響が認識され始める中、日本国の方向性を定める2018年の骨太の方針においては、「地域における医科歯科連携の構築」の推進が盛り込まれた。
 
その一方で、まさにこれから日本社会に広がっていくものだからこそ、現時点でその具体的な姿を想像しづらいのが医科歯科連携である。WHITE CROSSでは日本全国に散らばる様々な医科歯科連携への取材を通し、これからの日本社会において必要とされる歯科医療の姿を「医科歯科連携最前線」としてシリーズ化している。第1弾 : 岐阜県 土岐内科クリニック「認知症クリニックが広げる歯科医療の可能性」第2弾 : 愛知県 藤田保…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

関連記事

人気記事ランキング

おすすめのセミナー