日本の「口腔がん」の死亡率は、全28部位中で「46.1%(第10位)に位置しています。なんと米国(19.1%)の2.5倍以上の死亡率です。
そして、その「口腔がん」は、術後のQOLの著しい低下から「自殺率の非常に高いがん」であると言われており、WHOからも「早期発見・早期治療」の推進を勧告されている最重要課題の1つでもあります。
しかしながらそのような中、日本は先進国で唯一死亡数が増加している国であり、我々は患者さんの口腔を担う医療機関・医療人として、口腔がんの死亡数と死亡率の大幅低減は急務な課題と言えます。

本シンポジウムの目的は、この最重要課題を改善すべく、日常の歯科医療現場で口腔がんの早期発見・早期治療を実現するために、「地域基幹病院口腔外科と地域の歯科医院で自らの地域における「口腔がんの早期発見と早期治療」を解決する仕組みの構築をいかに進めるか?を考える機会」としたく開催することといたしました。

もし、地域の歯科医院と基幹病院歯科口腔外科がスピーディーに連携し、日本においても米国並みの早期発見・早期治療の仕組みを構築することができれば、年間で約5,000人規模の口腔がん死亡者の命を救うことが可能となるのです。

つきましては、地域の開業歯科医院の歯科医師の皆様、歯科衛生士の皆様、歯科スタッフの皆様、ぜひ本企画の趣旨にご賛同いただき、本シンポジウムにご参加いただけることを希求してやみません。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

「なぜ、今、口腔がん検診か?」地域の口腔がんを考えるシンポジウム

歯科医院で救える命がある!
※ 本シンポジウムは、日本歯科医師会及び日本歯科衛生士会生涯研修事業の認定研修会となっております。

  • 日時

    [奈良]4月7日(日)11:00〜16:00
    [鳥取]4月14日(日)11:00〜16:00
    [京都]9月29日(日)11:00〜16:00

  • 会場

    奈良・鳥取・京都

    各会場はチラシ4ページ目をご参照ください

  • 費用

    1,000円(税込)
    お弁当・お茶・レッド&ホワイトリボン1個・「口腔がん撲滅運動」冊子付

  • 定員

    50〜250名(開催地区により異なります)

  • 対象

    歯科医師、歯学部生、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手・その他

  • 内容

    学会・イベント、歯科全般・その他

申込み
シェア
LINEで送る