会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

One To One Club 主催 無料臨床セミナー | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

第1弾 近年、様々な情報が簡単に入手・共有できる高度ネット社会において、徐々に患者サイドの意識、需要が高まっている。CBCTやマイクロスコープの導入を悩まれる歯科医師も多いのではないだろうか。CBCTによる3次元的画像診断とマイクロスコープを活用することにより、間違いなく術前診断と治療制度のレベルが向上し、以前では救えなかったような歯でも拡大明視下で戦略的に治療することも可能になってきていると感じる。とくに補綴前処置として避けて通れない歯内療法分野は、従来法では一般に成功率が低く、これらをうまく活用することにより、間違いなく世界観が変わるといっても過言ではない。しかし、導入すればすぐ思うようにフル活用できるといった簡易なものでもなく、ある程度の勘所やラーニングステージがあるのも確かである。今回は数多くの症例供覧を通じてその辺りのポイントを共有できれば幸いである。

第2弾 我が国では歯科用CBCTは2000年の薬車承認、2012年の一部保険収載を経て、口腔外科領域のみならず現在様々な治療分野で幅広く活用されている。中等度から重度の歯周疾患罹患歯の術前診査においても、もはや不可欠と言えるだろう。骨欠損の範囲や歯根形態、分岐部病変などの3次元的イメージを術前に構築できることは、歯周外科処置における切開線のデザイン決定や、治療戦略の検酎などにおいても大いに役立っている。また日進月歩で進化してきた歯周組織再生療法においても、マイクロスコープやErYAG Laserが手放せないツールとなっている。深い骨欠損内の不良肉芽や硬い縁下歯石のデブライドメントには大変な時間と労力を費やすが、これらを利用することでより効率的に精度を高めて施術することができると感じている。今回は症例供覧を通じて、CBCT画像から考える治療戦略と実際についてお話させていただきたいと思う。

One To One Club 主催 無料臨床セミナー

  • 日時

    4月21日(水)12:00〜5月9日(日)
    9月13日(日)12:00〜9月26日(日)

  • 会場

    WEBセミナー

  • 費用

    無料

  • 定員

    50名

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    口腔外科・インプラント・歯科麻酔、顕微鏡(マイクロ)・レーザー

シェア
LINEで送る