東京医科歯科大学は4月2日、酸化イリジウムを材料とするマイクロ pH センサを製作し、世界で初めて歯の pH マッピングによるう蝕の定量的検査技術を開発したと発表した。
この研究は、同大生体材料工学研究所の田畑美幸テニュアトラック助教と宮原裕二教授の研究グループと、医歯学総合研究科う蝕制御学分野の田上順次教授、北迫勇一助教、歯学部口腔保健学科口腔機能再建工学分野の池田正臣講師らとの共同研究によるもの。
 
 
現在、う蝕の診断方法には X 線を用いた画像診断、視診、触診 などの方法が採用されている。
しかしながら、これらの診断方法は歯科医師の経験や技術に左右されることが実情であり、客観的・定量的かつ非侵襲的なう蝕診断の方法は歯科医療界の悲願であった。
 
 探針への実装を想定した極細センサで、pHを用いたう蝕の評価が可能に
う蝕の進行はバクテリアの活動に由来して歯表層の pH と関連してい…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

歯周内科治療 ベーシックセミナーの画像です

歯周内科治療 ベーシックセミナー

日時
9月1日(日)10:00〜16:00
会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
東京都千代田区神田駿河台4−6
費用
歯科医師 30,000円
歯科衛生士(歯科医師同伴)15,000円
歯周内科学研究会衛生士会員(衛生士単独受講可)10,000円
再受講 10,000円

※ すべて税別
第151回 日本歯科保存学会 2019年度 秋季学術大会の画像です

第151回 日本歯科保存学会 2019年度 秋季学術大会

日時
11月7日(木)
11月8日(金)
会場
福岡国際会議場
福岡市博多区石城町2-1
費用
事前登録(9月25日まで)10,000円
当日登録(9月25日から)12,000円
会員懇親会 10,000円
iTOP イントロダクトリー コースの画像です

iTOP イントロダクトリー コース

日時
10月13日(日)10:00〜17:00
12月8日(日)10:00〜17:00
会場
株式会社ヨシダ 東京本社
東京都台東区上野7-6-9
費用
25,000円(税・実習器材・昼食・サティフィケート込)
位相差顕微鏡を活用しよう!の画像です

位相差顕微鏡を活用しよう!

日時
[東京]9月8日(日)
[岡山] 10月27日(日)
[札幌]11月17日(日)
[名古屋]12月8日(日)

※ 全日程 10:00〜16:00
会場
東京・岡山・札幌・名古屋
費用
新規受講料 43,200円
追加おひとり 21,600円
再受講料 16,200円

※ すべて税込
第38回 日本接着歯科学会学術大会の画像です

第38回 日本接着歯科学会学術大会

日時
9月28日(土)
9月29日(日)
会場
ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38
費用
事前登録(8月23日まで)
歯科医師(会員)8,000円
歯科医師(非会員)10,000円
コデンタルスタッフ 5,000円
大学院生 5,000円

当日登録(8月24日から)
歯科医師(会員)10,000円
歯科医師(非会員)12,000円
コデンタルスタッフ 7,000円
大学院生 7,000円
学生 無料