日本歯科医師会主催 ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2021 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

11月8日月曜日「いい歯の日」に、丸ビルホールにて、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2021の授賞式が開催された。

ベストスマイル・オブ・ザ・イヤーは、公益社団法人日本歯科医師会主催、株式会社ロッテ協賛のもと「8020運動」推進の一環として毎年開催されている。

 

今年で28回目となる今回は、女優の黒谷友香さんと俳優の間宮祥太朗さんが「今年、最も笑顔が輝いた著名人」に選ばれた。

 

授賞式は、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に十分に配慮しながら、会場とオンラインによる実施となった。

最初に、堀憲郎会長による主催者代表挨拶が行われた。その後、柳川忠廣副会長より本プロジェクトの主旨として

 

今年度のキーワードは、『デンタルIQ』です 。現在、20代〜30代での口腔の健康への関心度が低いことから、今後は新たな取り組みとしてデンタルIQの考え方のもと、国民の皆さんの口腔に対する向き合い方や意識の持ち方を見つめ直すきっかけづくりを促していきたい。

 

と説明があった。また、デンタルIQを手軽にチェックできるコンテンツ「デンタルチェッカー」を開発したことを発表した。

 

堀憲郎会長と受賞者二人の記念撮影(左:黒谷さん、右:間宮さん)

 

トークセッションでは、歯と口腔の健康維持のために普段から心がけていることについて、黒谷さんは「3ヶ月に1度、歯科医院で定期検診を受けている」と語り、間宮さんは「愛車にボトルガムを置いている」と明かした。

続いて、小山常務理事が今回のプロジェクトで開発された、歯と健康を見直すきっかけづくりとなる「デンタルIQチェッカー」から受賞者二人にクイズ形式で出題した。

 

歯と口腔の健康に対する関心度を判定できるテスト


クイズでも出題された口臭の原因について話が及ぶと、黒谷さんも間宮さんも普段から舌みがきを行っているということで、小山常務理事より改めて正しい舌みがきの方法について解説する場面もあった。

最後に、黒谷さんは「大変素晴らしい賞を受賞して本当に嬉しく、これからもお仕事を通して皆さんのお役に立ちたいと思っております」と話し、間宮さんは「俳優は歯が命といいますし、改めて命を大切にしていきたいと思いました。そして口の中の健康が全身の健康に関わることを知ることができ、ケアをしっかり行っていきたい」と述べ、終始和やかな雰囲気で終会した。

 

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

2021/1/18_③の画像です