会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

部分無歯顎口腔の修復--オーバーデンチャー、取り外し可能な部分入れ歯、固定部分入れ歯、インプラント治療の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Dent.1996 Jul;24(4):237-44. 0300571295000755. doi: 10.1016/0300-5712(95)00075-5.

部分無歯顎口腔の修復--オーバーデンチャー、取り外し可能な部分入れ歯、固定部分入れ歯、インプラント治療の比較

Restoration of the partially edentulous mouth--a comparison of overdentures, removable partial dentures, fixed partial dentures and implant treatment.

  • E Budtz-Jörgensen
PMID: 8783527 DOI: 10.1016/0300-5712(95)00075-5.

抄録

目的:

後歯を失うと、下顎の神経筋の安定性が失われ、咀嚼効率が低下し、咬合の垂直方向の寸法が失われ、審美性が低下する可能性があります。補綴リハビリテーションは、垂直方向の寸法を回復させ、前臼歯/臼歯部の咬合接触面積を増やすことを目的としなければなりません。オーバーデンチャーは、重度の歯周アタッチメントの喪失、歯周予後が不明、機能的または審美的に複雑な状態の患者さんに特に適応となります。取り外し可能な部分入れ歯は、シンプルで経済的な解決策が必要なケネディクラスIの症例に特に適応となります。咬合オーバーレイを用いた取り外し可能なパーシャルデンチャーの装着は、咬合面の高さを回復させるための簡単な方法である。クロスアーチ片持ち固定式部分入れ歯は、主に歯周病で弱ったアバットメントの安定化を目的としたものである。片側または両側の短いブリッジは、取り外し可能な装置を拒否し、固定式の補綴物を使用してより広範囲のリハビリテーションを行う余裕がない患者のための解決策である。ケネディクラスⅡの症例では、骨の状態が適切であれば、オッセオインテグレーションインプラントを用いた固定部分義歯によるリハビリテーションが最適です。どのような補綴治療においても、患者の協力度、齲蝕感受性、歯周状態、残存稜線吸収率に応じて、明確なリコールシステムを確立しなければならない。これは、満足のいく予後を得るためには不可欠である。口腔衛生状態が悪い患者さんでは、残存歯の予後を考えると、補綴治療を控えることが最善の解決策となります。

OBJECTIVES: Loss of posterior teeth may result in the loss of neuromuscular stability of the mandible, reduced masticatory efficiency, loss of vertical dimension of occlusion and poor aesthetics. Prosthetic rehabilitation should aim at restoring the vertical dimension and increasing the occlusal contact area in the premolar/molar region. Overdentures are particularly indicated in patients with a severe loss of periodontal attachment, uncertain periodontal prognosis and complicated functional or aesthetic conditions. Removable partial dentures are particularly indicated in Kennedy Class I cases when there is need for a simple and economic solution. Placement of a removable partial denture with occlusal overlays is a simple way to restore occlusal face height. Cross-arch cantilevered fixed partial dentures are primarily indicated for stabilization of periodontally weakened abutments. Short unilateral or bilateral bridges are a solution in patients who refuse removable appliances and who cannot afford more extensive rehabilitation with fixed prosthodontics. Rehabilitation with a fixed partial denture supported by means of osseointegrated implants is the optimal solution in Kennedy Class II cases provided that the bone conditions are appropriate. For any prosthetic treatment, a definite recall system should be established depending on the patient's degree of cooperation, caries susceptibility, periodontal status and the rate of residual ridge resorption. This is essential in order to obtain a satisfactory prognosis. In a patient with poor oral hygiene, the best solution, with regard to the prognosis of the remaining teeth, is to abstain from any prosthetic treatment.

方法:

この原稿は、ケネディクラスIおよびIIの部分無歯症患者の治療法の選択肢を特定するために、現在の文献をレビューしたものです。

METHODS: This manuscript reviews the current literature to identify treatment options for the Kennedy Class I and II partially edentulous patient.