国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

簡単なジェスチャーによる介入は、授乳中の舌の動きの超音波測定値を変える:ケースシリーズ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Pregnancy Childbirth.2022 Feb;22(1):94.

簡単なジェスチャーによる介入は、授乳中の舌の動きの超音波測定値を変える:ケースシリーズ

A brief gestalt intervention changes ultrasound measures of tongue movement during breastfeeding: case series.

PMID: 35105336

抄録

背景:

母乳育児相談員は、口腔内乳頭の配置を最適化する目的で、フィットアンドホールド(またはポジショニングとアタッチメント)の調整を頻繁に助言している。しかし、フィット&ホールドのアプローチは様々で、その利点に関するエビデンスは限られており、乳児の舌の動きに対するフィット&ホールドの効果については検討されていない。この予備研究の目的は、超音波画像による乳首の配置と口腔内の乳首および乳房組織の寸法を測定し、ゲシュタルト母乳育児介入が舌の動きを変化させるかどうかを調査することであった。

BACKGROUND: Lactation consultants frequently advise adjustments to fit and hold (or positioning and attachment) with the aim of optimising intra-oral nipple placement. However, approaches to fit and hold vary widely, with limited evidence of benefits, and effects of fit and hold on infant tongue movement have not been examined. The aim of this preliminary study was to investigate whether a gestalt breastfeeding intervention alters tongue movement, using measurements from ultrasound imaging to determine nipple placement and intra-oral nipple and breast tissue dimensions.

方法:

4~20週齢の母乳育児中の5組の乳児を対象に、通常または「標準」姿勢での授乳中と、ゲシュタルト原理によるフィット&ホールドの簡単な適用後に、超音波測定を実施した。包括的な授乳支援を受けている母子ペアのうち4組が、持続的な乳頭痛を訴えた。このうち3組の乳児は乳房の装着が困難で、大騒ぎをした。3組は口腔結節と診断されていた。5組目は母乳育児に成功していた。

METHODS: Ultrasound measurements were conducted in five breastfeeding dyads, infants aged 4-20 weeks, while feeding in their usual or 'standard' position and again after brief application of gestalt principles of fit and hold. Four of the mother-baby pairs, who had received comprehensive lactation support, reported persisting nipple pain. Three of these infants had difficulty latching and fussed at the breast; three had been diagnosed with oral ties. A fifth pair was breastfeeding successfully.

結果:

超音波検査により、乳頭先端から硬口蓋と軟口蓋の接合部までの距離が減少し、口腔内の乳頭と乳房組織の寸法が増大し、短時間のジェスチャー介入により乳頭の滑りが減少したことが確認された。

RESULTS: Ultrasound demonstrated that the distance from nipple tip to junction of the hard and soft palate decreased, intra-oral nipple and breast tissue dimensions increased, and nipple slide decreased after a brief gestalt intervention.

結論:

これらの予備的知見は、装着と保持の変化が乳児の舌の動きと輪郭に影響を与えることを示唆している。より大規模なコホートにおけるゲシュタルト母乳育児介入の短期および長期アウトカムを調査するためのさらなる研究が必要である。

CONCLUSION: These preliminary findings suggest that changes in fit and hold impact on infant tongue movement and contour. Further research investigating short- and long-term outcomes of a gestalt breastfeeding intervention in larger cohorts is required.