国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

齲蝕阻止剤としてのフッ化ジアミン銀・クロルヘキシジンワニスと従来のフッ化物ワニスの抗菌効果の比較検討.ドデシル硫酸ナトリウム-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法で検討した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Indian Soc Pedod Prev Dent.2021 Oct-Dec;39(4):398-402.

齲蝕阻止剤としてのフッ化ジアミン銀・クロルヘキシジンワニスと従来のフッ化物ワニスの抗菌効果の比較検討.ドデシル硫酸ナトリウム-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法で検討した

Comparative evaluation of antimicrobial efficacy of silver diamine fluoride, chlorhexidine varnish with conventional fluoride varnish as a caries arresting agent. An sodium dodecyl sulfate-polyacrylamide gel electrophoresis study.

PMID: 35102965

抄録

はじめに:

フッ化ジアンミン銀(SDF)は,高リスク集団のう蝕管理における補助的なう蝕予防剤として使用されている.フッ素化合物以外では,クロルヘキシジン(CHX)がStreptococcus mutansに対して最も強力な抗菌・殺菌作用を有している.

INTRODUCTION: Silver diamine fluoride (SDF) is employed as an adjunct cariostatic agent in the management of dental caries in high-risk population. Other than fluorides, chlorhexidine (CHX) is the most potent antimicrobial and efficacious agent against Streptococcus mutans.

研究の目的:

本研究の目的は、38%フッ化ジアミン銀、CHXワニス、フッ素ワニスの乳歯う蝕に対する有効性を評価し、区別することである。

AIM: The aim of this study is to evaluate and differentiate the efficacy of 38% silver diamine fluoride, CHX varnish, and fluoride varnish on carious primary teeth.

材料および方法:

むし歯病巣の数が 1 以上である小児 90 名を募集した。38%フッ化ジアミン銀またはフッ素ワニスとCHXワニスを病巣に局所塗布した。主要評価項目は,14~21 日間の経過観察後の齲蝕病巣の停止(Nyvad 基準による病巣の不活性化)であった.また,各児童からバイオフィルム試料を採取し,治療前後にコロニー形成単位法による微生物組成の評価と,ドデシル硫酸ナトリウム-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法による蛋白質分析を行った.

MATERIALS AND METHODS: Ninety children having a count of ≥1 carious lesion were recruited. Thirty-eighty percent silver diamine fluoride or fluoride varnish and CHX varnish were topically applied on the lesion. The primary outcome measured was the arrest of carious lesion (lesion rendered inactive as per the Nyvad criteria) after a follow-up of 14-21 days. Dental biofilm sample was obtained from each child and subsequently assessed for microbial composition by colony-forming unit method before and after treatment followed by protein analysis by sodium dodecyl sulfate-polyacrylamide gel electrophoresis method.

結果:

齲蝕病変の平均阻止率は SDF 群が高く,次いで CHX 群,フッ素入りワニス群であった.SDF群では、総タンパク質量の減少が認められた。これは、SDF群では治療後の微生物負荷が減少していることを証明するものである。

RESULTS: Average proportion of arrested caries lesions in the SDF group was higher followed by CHX and fluoride varnish groups. Decreased total protein amount was found in SDF group. This proves that there is decrease in microbial load posttreatment in SDF group.

結論:

SDF38%は、CHXワニスやフッ素ワニスに比べ、幼児の象牙質う蝕の抑制に有効である。

CONCLUSION: Thirty-eight percent SDF is more effective than CHX varnish and fluoride varnish in arresting dentin carious lesions in young children.