国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

様々な手法で修復されたフェルールのない薄肉歯内療法歯の耐破壊性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Esthet Restor Dent.2021 Dec;

様々な手法で修復されたフェルールのない薄肉歯内療法歯の耐破壊性

Fracture resistance of thin wall endodontically treated teeth without ferrules restored with various techniques.

PMID: 34964239

抄録

目的:

様々な方法で修復したフェルールのない歯内療法を施した薄肉歯の破壊抵抗と破壊特性を評価する.

OBJECTIVE: To evaluate the fracture resistance and failure characteristics of simulated thin wall endodontically treated teeth without ferrules restored with various techniques.

材料と方法:

ヒト下顎単根管小臼歯48本にデコレーションを施し,歯内療法を行った.残った1mm厚の根管象牙質を準備した。ポストとコアの再建術式(ダイレクトレジンコンポジットポスト&コア(CP),マルチプルファイバーポスト&レジンコンポジットコア(FP),CAD/CAMアナトミカルポスト&コア(AP),メタルキャストポスト&コア(MP))に応じて,12根を無作為に4グループに分けた。コアにはフルメタルクラウンを接着した。すべての試料は,5000サイクルの熱サイクルを経て,万能試験機を用いて45°の角度で破損するまで軸方向の圧縮を行った。破断は,ポストおよびコアの破断,歯根破断,ポストおよびコアの破断を伴う歯根破断のいずれかに分類された。

MATERIALS AND METHODS: Forty-eight human mandibular single-root canal premolars were decoronated and endodontically treated. The 1 mm thick remaining root canal dentin was prepared. The roots were randomly divided into four groups of 12 roots according to the following post and core reconstruction techniques: direct resin composite post and core (CP), multiple fiber posts and resin composite core (FP), CAD/CAM anatomical post and core (AP), and metal cast post and core (MP). Full metal crowns were cemented to the cores. All specimens were subjected to thermocycling for 5000 cycles and submitted to axial compression until failure at a 45°angle using a universal testing machine. The failures were classified into one of the followings: post and/or core fractures, root fractures, and root fractures combined with post and/or core fractures.

結果:

CP群,FP群,AP群,MP群の平均破壊荷重は,それぞれ360.0,655.2,402.7,856.1Nであった。MP群が最も高い破壊荷重を示し,他の群よりも有意に高かった(p<0.05)。FPは2番目で,p=0.039の有意水準でMPに劣っていた。CPは最も小さい破壊荷重を示し,AP群との有意差はなかった(p>0.05)。歯根破折は,頸椎レベルの複合破折がよく観察されたCP群を除くほとんどの試験片で主要な破壊様式であった。

RESULTS: Average failure loads of groups CP, FP, AP, and MP were 360.0, 655.2, 402.7, and 856.1 N, respectively. MP provided the highest failure load, which was significantly higher than those of the other groups (p < 0.05). FP was second, being inferior to MP with a significance level of p = 0.039. CP exhibited the least failure load, and it was not significantly different from the AP group (p > 0.05). Root fractures were the major failure mode for most of the specimens except the CP group, in which composite fractures at the cervical level were commonly observed.

結論:

フェルールのない歯内療法歯の薄肉部の再建には,メタルキャストポストとコアが最も高い破壊耐性を示し,次いでマルチファイバーポストとレジンコンポジットコアであった.切削加工されたアナトミカルポストとコア,およびダイレクトレジンコンポジットポストとコアは,有意に低い破壊抵抗を示した.

CONCLUSION: Metal cast post and core provided the highest fracture resistance for reconstruction of a thin wall in endodontically treated teeth without ferrules, followed by multiple fiber posts and resin composite core. The milled anatomical post and core and a direct resin composite post and core provided significantly lower fracture resistance.

臨床的意義:

メタルキャストポスト&コアおよびレジンコンポジットコアを用いたマルチプルファイバーポストの手法は,重度に侵襲された歯内療法歯の修復に有効であった。

CLINICAL SIGNIFICANCE: Metal cast posts and core and multiple fiber posts with resin composite core techniques were effective for restoring severely compromised endodontically treated teeth.