会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

認知症クリニックで診断された軽度認知障害患者は最大咬合力が低下する:横断的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Oral Health.2021 Dec;21(1):665.

認知症クリニックで診断された軽度認知障害患者は最大咬合力が低下する:横断的研究

Patients with mild cognitive impairment diagnosed at dementia clinic display decreased maximum occlusal force: a cross-sectional study.

PMID: 34961506

抄録

背景:

これまでの研究では、軽度認知障害(MCI)の患者は、口腔衛生状態が悪く、口腔機能が低下している可能性が高いことが示されている。これは、残存歯数が少なく、舌や唇の運動機能が低下しているためと考えられる。しかし、認知症専門医による包括的な認知機能評価を受けたそれらの患者の口腔衛生状態については、十分に調査されていません。そこで本研究では,MCI患者の口腔機能を明らかにし,口腔健康と認知機能低下との関連を明らかにすることを目的とした。

BACKGROUND: Previous research indicates that patients with mild cognitive impairment (MCI) are more likely to have poor oral health and impairments in oral functions, which may be due to few remaining teeth and impaired tongue and lip motor function. However, the oral health of those patients following comprehensive cognitive assessment by a dementia specialist has not been sufficiently investigated. Therefore, this study aimed to clarify the oral function of patients with MCI and the association between oral health and lower cognitive function.

研究方法:

本横断研究では、2017年12月から2020年1月にかけて認知症クリニックを受診した96名(男性:35名、女性:61名、平均年齢:73.3±8.5years)を対象とした。参加者の認知機能は、登録直後に神経心理学的検査、血液学的検査、神経画像診断を用いて認知症専門医が評価した。参加者は、総合的な認知機能評価により、健常者群とMCI群に分けられました。参加者の年齢、性別、肥満度、原疾患、教育水準、飲酒習慣、喫煙習慣、生活環境、雇用形態、運動習慣などを評価しました。さらに,現存歯数,機能歯数(天然歯と拮抗薬で咬合した人工歯),義歯の使用状況,口腔乾燥度,舌と唇の運動機能,舌圧,咬合力,咀嚼力,嚥下力などの口腔内のアウトカムを記録した。グループ間の比較には,Mann-Whitney U test,χ,Fisher's exact testを用いた。さらに,MCI診断を対象変数としたロジスティック回帰分析を行った。

METHODS: This cross-sectional study included 96 participants (men: 35; women: 61; mean age: 73.3 ± 8.5 years) who visited a dementia clinic between December 2017 and January 2020. Participants' cognitive function was assessed by a dementia specialist using neuropsychological and hematological tests and neuroimaging immediately after enrollment. The participants were divided into the healthy and MCI groups according to comprehensive cognitive assessment. Participants' age, sex, body mass index, primary disease, education level, drinking habits, smoking habits, living environment, employment status, and exercise habits were evaluated. Moreover, oral outcomes, including the number of existing teeth, number of functional teeth (natural and prosthetic teeth which were occluded with antagonists), denture use, oral dryness, tongue and lip motor function, tongue pressure, occlusal force, masticatory ability, and swallowing ability were recorded. The Mann-Whitney U test, χ, and Fisher's exact tests were used for between-group comparisons. Furthermore, logistic regression analysis using MCI diagnosis as the target variable was performed.

結果:

認知症専門医による認知機能の総合評価の結果、48名(平均年齢:69.8±8.8歳)が健常者で、48名(平均年齢:76.9±6.7歳)がMCIであった。MCIの参加者は、健常者に比べて、有意に高齢で(p<0.001)、現存歯数が少なく(p=0.031)、最大咬合力が小さい(p=0.019)ことがわかった。年齢(オッズ比:1.126、p=0.002)および最大咬合力(オッズ比:0.978、p=0.048)は、認知機能の低下と有意に関連していた。

RESULTS: A comprehensive evaluation of the cognitive function of the study participants by the dementia specialist revealed that 48 participants (mean age: 69.8 ± 8.8 years) were healthy and 48 (mean age: 76.9 ± 6.7 years) had MCI. MCI participants were significantly older (p < 0.001) and had significantly fewer existing teeth (p = 0.031) and lower maximum occlusal force (p = 0.019) than healthy participants. Age (odds ratio: 1.126, p = 0.002) and maximum occlusal force (odds ratio: 0.978, p = 0.048) were significantly associated with lower cognitive function.

結論:

MCI患者は健常者よりも口腔衛生状態が悪かった。最大咬合力の低下は,年齢と性別で調整しても,認知機能の低下と独立して関連していた。

CONCLUSIONS: Patients with MCI had poorer oral health than healthy individuals. Decreased maximum occlusal force was independently associated with lower cognitive function, even when adjusted for age and sex.