国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

回転式および往復式システムを用いた,溶媒を用いた場合と用いない場合の充填物の除去:microCT分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Braz Oral Res.2021;35:e117.

回転式および往復式システムを用いた,溶媒を用いた場合と用いない場合の充填物の除去:microCT分析

Removal of filling material using rotating or reciprocating systems with or without solvent: microCT analysis.

PMID: 34816905

抄録

本研究では、回転式および往復式システムを用いた充填物除去の有効性をmicro-CTで評価した。60本のヒトの犬歯にProTaper Universalシステムを用いてF3までインスツルメントを行い、AH Plus/ガッタパーチャを充填した。試料は1,200回の熱サイクルに供され、マイクロCT SkyScan 1176でスキャンされ、充填材除去プロトコルに応じてランダムにグループ分けされた(n = 10)。ProTaper Universal, ProTaper Universal/xylol, ProTaper Next, ProTaper Next/xylol, Reciproc, Reciproc/xylol。充填物除去後、ガッタパーチャとシーラーの残骸の存在を個別に確認するために、試料をmicroCTで分析した。データ(mm3)は、二元配置のANOVAとTukey´sテスト(5%)で分析した。ガッタパーチャの残骸については、キシロールを使用した場合、Reciprocの値が最も高く(7.60±0.73)、低い値を示した他のグループ(p < 0.05)とは統計的に異なり(p > 0.05)、同程度の値を示しました。残りのシーラーについては,キシロールが最も高い値(21.25±6.94)を示し,器具のみを使用した場合(11.47±9.45)とは異なる(p<0.05)。プロテーパーネクストでは、残ったシーラーの値が最も低く(8.16±1.37)、レシプロックの値(24.67±6.32)とは異なる(p<0.05)。質的分析では、すべてのグループで根元の充填物が残っていたが、レシプロックとレシプロック/キシロールが最も多く残っていた。結論として、キシロールの使用にかかわらず、ロータリーシステムは充填物の除去率が高かった。キシロールの使用は、ガッタパーチャとシーラーの除去におけるレシプロシステムの作用をマイナスに妨害した。

This study evaluated by the efficacy of rotary and reciprocating systems to remove filling material by micro-CT. Sixty human canines were instrumented up to F3 by ProTaper Universal system and filled with AH Plus/ gutta-percha. Specimens were submitted to 1,200 thermal cycles, scanned by microCT SkyScan 1176 and randomly distributed in groups according to the filling material removal protocol (n = 10): ProTaper Universal, ProTaper Universal/xylol, ProTaper Next, ProTaper Next/xylol, Reciproc and Reciproc/xylol. After filling removal, specimens were analyzed by microCT to separately verify the presence of gutta-percha and sealer remnants. The data (mm3) were analyzed by two way ANOVA and Tukey´s test (5%). For the remaining gutta-percha, the use of xylol provided the highest values for Reciproc (7.60 ± 0.73), which was statistically different from the other groups (p < 0.05) that presented lower values and were statistically similar to each other (p > 0.05). For the remaining sealer, xylol provided the highest values (21.25 ± 6.94) different (p < 0.05) from the use of instruments alone (11.47 ± 9.45). ProTaper Next presented the lowest values (8.16 ± 1.37) for the remaining sealer, different (p < 0.05) from that of Reciproc (24.67 ± 6.32). The qualitative analysis revealed that all groups presented some remaining root filling material, with the highest volumes presented by Reciproc and Reciproc/xylol. In conclusion the rotary systems provided greater removal of filling material regardless of the use of xylol. The use of xylol negatively interfered with the action of the reciprocating system in the removal of the gutta-percha and sealer.