国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

重度の運動障害と知的障害を持つ患者のための口腔サポート | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pediatr Int.2021 Oct;

重度の運動障害と知的障害を持つ患者のための口腔サポート

Oral support for patients with severe motor and intellectual disabilities.

PMID: 34655262

抄録

背景:

重度の運動障害および知的障害を持つ患者に対して、嚥下障害の予防のために摂食時の口腔支持が臨床的に行われていた。本研究では,口腔支持の利点を解剖学的・機能的に検討した.

BACKGROUND: Oral support during feeding was clinically provided to patients with severe motor and intellectual disabilities (SMID) for the prevention of dysphasia. The present study anatomically and functionally investigated the advantages of oral support.

方法は以下の通りです。:

9名のSMID患者(年齢=5~41歳,平均年齢=15.0歳,男性4名,女性5名)と24名の健常成人(年齢=26~67歳,平均年齢=44.3歳,男性16名,女性8名)を対象に,ビデオフルオロスコープを用いた嚥下調査を行った。咽頭嚥下時の舌骨と下顎骨の動きを追跡し、咽頭残留物を評価した。舌骨と下顎骨の動きを追跡し,咽頭残留物を評価した。動きの時間的・空間的特徴を,口腔支持の有無にかかわらず,健常成人と比較した。

METHODS: A videofluoroscopic swallowing study was conducted on nine patients with SMID (age = 5-41 years; mean age = 15.0; four males, five females) and twenty-four healthy adults (age = 26-67 years; mean age = 44.3; 16 males, eight females). The movements of the hyoid bone and mandible during pharyngeal swallowing were tracked, and the pharyngeal residues were evaluated. The temporal and spatial features of the movements were compared between patients with and without oral support as well as healthy adults.

結果:

SMID患者では,下顎骨の下方への移動が早く,変位も大きかった.また,舌骨の前方への変位が不十分で,咽頭残渣を伴っていた。舌骨の前方移動が不十分であったため、咽頭残渣が生じていたが、口腔支持を行うことにより、舌骨の前方移動が促進され、咽頭残渣は減少した。

RESULTS: The mandible moved downward earlier and showed larger displacement in the patients with SMID. The patients also had insufficient anterior displacement of the hyoid, which was associated with pharyngeal residue. This displacement was enhanced, and the pharyngeal residue decreased with oral support.

結論:

下顎を保持するための口腔支持は,嚥下時の舌骨の変位を改善し,咽頭残留物を減少させることに成功した。これは,SMID患者の嚥下障害を予防するための,簡単で信頼できる戦略である。

CONCLUSIONS: Oral support to hold the mandible successfully improved hyoid excursion and reduced pharyngeal residue during swallowing, which is a simple and reliable strategy for the prevention of dysphasia in patients with SMID.