国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

新規の塩素系消毒剤である亜塩素酸水によるヒトノロウイルスの不活性化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Infect Chemother.2021 Oct;

新規の塩素系消毒剤である亜塩素酸水によるヒトノロウイルスの不活性化

Inactivation of human norovirus by chlorous acid water, a novel chlorine-based disinfectant.

PMID: 34635450

抄録

はじめに:

ヒトノロウイルス(HuNoV)は,感染性胃腸炎の主要な原因である。HuNoVはアルコールに耐性を示すため,環境表面に付着したウイルスを除染するために塩素系消毒剤が使用されている。塩素系除菌剤の中でも、亜塩素酸水(CA)は、日本では第2類医薬品に分類される新規塩素系除菌剤として承認されています。本研究では、HuNoVを不活化するCAの能力を評価することを目的とした。

INTRODUCTION: Human norovirus (HuNoV) is a leading cause of infectious gastroenteritis. Since HuNoV shows resistance to alcohol, chlorine-based sanitizers are applied to decontaminate the virus on environmental surfaces. Chlorous acid water (CA) has been recently approved as a novel chlorine-based disinfectant categorized as a Type 2 OTC medicine in Japan. In this study, we aimed to evaluate the capability of CA to inactivate HuNoV.

実験方法:

HuNoV(GII.2およびGII.4)を,CAおよび次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)を含む試験用消毒剤に曝露し,RNaseで前処理した後,逆転写定量PCR(RT-qPCR)により残存RNAコピーを測定した。また,CAおよびNaClOによるHuNoV RNAコピー数の対数減少を,ウシ血清アルブミン(BSA),ヒツジ赤血球(SRBC),ポリペプトン,肉エキス,アミノ酸の存在下で比較し,これらの消毒剤の有機物リッチな条件下での安定性を評価した。

METHODS: HuNoV (genogroups GII.2 and GII.4) was exposed to the test disinfectants including CA and sodium hypochlorite (NaClO), and the residual RNA copy was measured by reverse transcription quantitative PCR (RT-qPCR) after pretreatment with RNase. In addition, the log reduction of HuNoV RNA copy number by CA and NaClO was compared in the presence of bovine serum albumin (BSA), sheep red blood cells (SRBC), polypeptone, meat extract or amino acids to evaluate the stability of these disinfectants under organic-matter-rich conditions.

結果:

有機物のない環境では,200ppmの遊離塩素を含むCAは,5分以内にHuNoV RNAコピー数を3.0 log以上減少させた。また,高い有機物負荷(BSA,SRBC各0.3%または0.5%ポリペプトン)の下でも,200ppmのCAはHuNoV RNAコピー数の3.0 log以上の減少を達成したが,0.5%ポリペプトンの存在下で1,000ppmの次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)を用いた場合には1.0 log以下の減少しか認められなかった。CAはシステイン、ヒスチジン、グルタチオンのみと反応したのに対し、NaClOは試験したすべてのアミノ酸と反応した。

RESULTS: In the absence of organic substances, CA with 200 ppm free available chlorine provided >3.0 log reduction in the HuNoV RNA copy number within 5 min. Even under high organic matter load (0.3% each of BSA and SRBC or 0.5% polypeptone), 200 ppm CA achieved >3.0 log reduction in HuNoV RNA copy number while less than 1.0 log reduction was observed with 1,000 ppm sodium hypochlorite (NaClO) in the presence of 0.5% polypeptone. CA reacted with only cysteine, histidine and glutathione while NaClO reacted with all of the amino acids tested.

結論:

CAは、有機物の多い環境下でHuNoVを不活化する有効な消毒剤である。

CONCLUSIONS: CA is an effective disinfectant to inactivate HuNoV under organic-matter-rich conditions.