国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

非外科的機械療法単独またはオープンフラップデブライドメントとの併用で治療したファーケーション罹患臼歯の多変量解析による転帰評価。後方視的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Periodontol.2021 Aug;

非外科的機械療法単独またはオープンフラップデブライドメントとの併用で治療したファーケーション罹患臼歯の多変量解析による転帰評価。後方視的研究

Multivariate outcome evaluation of furcation-involved molars treated with non-surgical mechanical therapy alone or combined with open flap debridement: A retrospective study.

PMID: 34449893

抄録

背景:

このレトロスペクティブ研究では、ファーケーションに侵された臼歯に対する非外科的および外科的機械的治療の効果を評価した。

BACKGROUND: This retrospective study assessed the effect of non-surgical and surgical mechanical therapy for furcation-involved molars.

研究方法:

治療を受け、1年以上経過した臼歯部を対象とした。臨床結果に関するデータを記録した。治療を受けた臼歯の即時(3~6ヵ月)の臨床結果と長期生存率を評価した。治療結果に影響を及ぼす潜在的な変数について、多値回帰分析、Cox比例ハザードモデルを用いて分析した。

METHODS: Furcation defects treated and followed for at least 1 year were selected. Data relative to the clinical outcomes were recorded. The immediate (3- to 6-month) clinical outcomes and the long-term survival of the treated molars were assessed. The potential variables influencing the treatment outcomes through multi-level regression analysis, and Cox Proportional-Hazards Models were also analyzed.

結果:

188本の臼歯が対象となり、平均追跡期間は7.52年であった。3~6ヵ月後の再評価では,ポケットの深さが1.39±0.99mm減少し,臨床的アタッチメントが0.88±1.29mm増加し,リセッションが0.51±1.13mm増加した。また,5年生存率は88.3%,10年生存率は61.3%であった.歯槽膿漏の水平方向および垂直方向の範囲,ベースラインのプロービングデプス,粘膜骨膜フラップの高さ,歯周治療のサポートの頻度が,臨床結果と歯の生存率に影響を及ぼしていた.

RESULTS: One hundred and eighty-four molars were included with an average follow-up of 7.52 years. At the 3- to 6-month re-evaluation 1.39 ± 0.99 mm pocket depth reduction, 0.88 ± 1.29 mm clinical attachment gain, and a 0.51 ± 1.13 mm increase in recession was observed. The 5- and 10-year survival rates were 88.3% and 61.3%, respectively. The horizontal and vertical extent of furcation involvement, baseline probing depth, mucoperiosteal flap elevation, and the frequency of supportive periodontal therapy influenced the clinical outcomes and tooth survival.

結論:

非外科的および外科的なメカニカルルートデブリードメントは,水平方向および垂直方向に浅いファーケーションが関与した臼歯の管理に有効な治療法である。

CONCLUSION: Non-surgical and surgical mechanical root debridement is a viable treatment for the management of furcation involved molars with shallow horizontal and vertical components.