国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

癌手術後の周術期口腔管理の費用対効果の分析とその後の医療費削減効果の検討。多施設共同研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2021 07;18(14).

癌手術後の周術期口腔管理の費用対効果の分析とその後の医療費削減効果の検討。多施設共同研究

Cost-Effectiveness Analysis of Perioperative Oral Management after Cancer Surgery and an Examination of the Reduction in Medical Costs Thereafter: A Multicenter Study.

PMID: 34299904

抄録

2012年4月、がん患者の主要な合併症である肺炎の発生を予防するための周術期口腔管理(POM)が日本の国民健康保険制度に承認されました。その後、術後の肺炎の発生率が減少したことから、POMの予防効果が認められました。医療費が増加の一途をたどっているため、費用対効果の分析が必要である。加えて、医療技術による医療費削減効果も評価しなければならない。今回の多施設共同研究では、POM導入前(=11,886人)と導入後(=13,668人)の悪性腫瘍の手術を受けた患者の術後肺炎の発生率と医療費を比較し、POMの費用対効果を分析した。さらに、医療費削減効果についても評価しました。POMの導入により、肺炎を発症した患者数、入院期間、死亡者数の減少が認められました。費用対効果の増分は111,927円であり、術後肺炎の予防には患者1人当たり111,927円の医療費が必要であることがわかった。その結果、肺炎治療の増分費用とPOMの費用との間で、最大で250,368,129円の医療費の削減が認められた。これらの結果から、今後、POMの手順やシステムを開発することで、費用対効果の改善が期待できると考えられる。

In April 2012, perioperative oral management (POM) was approved for inclusion in the national health insurance system of Japan to prevent the occurrence of pneumonia, a major complication in cancer patients. The subsequent decrease in the incidence of postoperative pneumonia indicated the prophylactic effect of POM. The constant increase in health expenditure necessitates a cost-effectiveness analysis. In addition, the effect of reducing healthcare costs owing to health technologies must be evaluated. In the present multi-institutional study, the cost-effectiveness analysis of POM was conducted by comparing the incidence of postoperative pneumonia and the healthcare costs between patients who received surgery for malignant tumors before ( = 11,886) and after ( = 13,668) the introduction of POM. Additionally, the effect of reducing healthcare costs was evaluated. Reductions in the number of patients who developed pneumonia, duration of hospitalization, and number of deaths were observed after the introduction of POM. The incremental cost-effectiveness ratio was 111,927 yen, hence the prevention of postoperative pneumonia needs 111,927 yen per patient in healthcare costs. Consequently, a maximum reduction of 250,368,129 yen in healthcare costs was observed between the incremental costs for pneumonia treatment and the cost of POM. These findings indicate that improvements in cost-effectiveness can be expected in the future through the development of procedure and system for POM.