国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

AMH と INHB を組み合わせた精液パラメータを用いた、境界型精液を持つ不妊男性の受精率予測ノモグラムの開発 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Andrologia.2021 Oct;53(9):e14182.

AMH と INHB を組み合わせた精液パラメータを用いた、境界型精液を持つ不妊男性の受精率予測ノモグラムの開発

Development a nomogram to predict fertilisation rate of infertile males with borderline semen by using semen parameters combined with AMH and INHB.

PMID: 34270116

抄録

精子の品質が危機的状況にある男性もおり、臨床医が適切な受精方法を選択することは困難である。本研究は、境界型精液を有する不妊症男性の受精率を予測するためのインテリジェントなノモグラムを開発することを目的とした。160名の男性が体外受精(IVF)を受け、そのうち58名が受精失敗(IVFの受精率30%以下)のためレスキューICSI(R-ICSI)を受けた。最小絶対縮小選択演算子(LASSO)回帰分析により、精子濃度、進行性運動精子(PMS)、精漿抗ミューラーホルモン(spAMH)、精漿インヒビン(spINHB)、血清AMH(serAMH)、血清INHB(serINHB)を有意な予測因子として同定した。多変量ロジスティック回帰によりノモグラムがプロットされた。このノモグラムをプロットしたモデルは,良好な識別性,キャリブレーション,臨床的価値を示した.ノモグラムの受信者動作特性曲線下面積(AUC)は0.762(p<.001)であった.校正曲線とHosmer-Lemeshow検定(p=.5261)は,ノモグラムの予測値と実際の観察値の間に良好な一致を示し,決定曲線解析は,ノモグラムが臨床的に有用であることを明らかにした.このノモグラムは、主に新しいバイオマーカーであるINHBとAMHに着目した受精率予測に有用であると考えられる。臨床医や検査技師が、境界型精液を持つ男性患者に対して適切な受精方法(体外受精または顕微授精)を選択する際の一助となる可能性がある。

The sperm quality of some males is in a critical state, making it hard for clinicians to choose the suitable fertilisation methods. This study aimed to develop an intelligent nomogram for predicting fertilisation rate of infertile males with borderline semen. 160 males underwent in vitro fertilisation (IVF), 58 of whom received rescue ICSI (R-ICSI) due to fertilisation failure (fertilisation rate of IVF ≤30%). A least absolute shrinkage and selection operator (LASSO) regression analysis identified sperm concentration, progressively motile spermatozoa (PMS), seminal plasma anti-Müllerian hormone (spAMH), seminal plasma inhibin (spINHB), serum AMH (serAMH) and serum INHB (serINHB) as significant predictors. The nomogram was plotted by multivariable logistic regression. This nomogram-illustrated model showed good discrimination, calibration and clinical value. The area under the receiver operating characteristic curve (AUC) of the nomogram was 0.762 (p < .001). Calibration curve and Hosmer-Lemeshow test (p = .5261) showed good consistency between the predictions of the nomogram and the actual observations, and decision curve analysis showed that the nomogram was clinically useful. This nomogram may be useful in predicting fertilisation rate, mainly focused on new biomarkers, INHB and AMH. It could assist clinicians and laboratory technicians select appropriate fertilisation methods (IVF or ICSI) for male patients with borderline semen.