国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

1本の歯の隙間に歯槽骨稜を保存してもしなくても、早期にインプラントを埋入することで、審美的、臨床的、そして患者が報告する結果が同等になる。無作為化臨床試験の1年間の結果です | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Implants Res.2021 Sep;32(9):1041-1051.

1本の歯の隙間に歯槽骨稜を保存してもしなくても、早期にインプラントを埋入することで、審美的、臨床的、そして患者が報告する結果が同等になる。無作為化臨床試験の1年間の結果です

Early implant placement with or without alveolar ridge preservation in single tooth gaps renders similar esthetic, clinical and patient-reported outcome measures: One-year results of a randomized clinical trial.

PMID: 34129708

抄録

目的:

歯槽骨稜保存(ARP)を伴う早期インプラント埋入は、ARPを伴わない早期インプラント埋入と比較して、審美的、臨床的、患者報告型の結果(PROMs)が異なるかどうかを検証すること。

OBJECTIVES: To test whether early implant placement with alveolar ridge preservation (ARP) results in different esthetic, clinical and patient-reported outcome measures (PROMs) compared with early implant placement without ARP.

材料と方法:

上顎前歯部の単歯抜歯を必要とする75名の患者を募集した。抜歯後、患者は3つのグループに無作為に割り振られた。(a)コラーゲンマトリックス(CM)で覆われた10%コラーゲン含有脱灰牛骨ミネラル(DBBM-C)を用いたARP(n=25)、(b)口蓋垂移植片(PG)で覆われたDBBM-Cを用いたARP(n=25)、(c)自然治癒(コントロール)(n=25)。抜歯の8週間後にCBCTを撮影し、全症例に早期インプラント埋入を行った。インプラント埋入後1年間の審美性、臨床性、PROMを評価した。

MATERIAL AND METHODS: Seventy-five patients requiring single tooth extraction in the anterior maxilla were recruited. Following tooth extraction, the patients were randomly allocated to three groups: (a) ARP using demineralized bovine bone mineral containing 10% collagen (DBBM-C) covered by a collagen matrix (CM) (n = 25), (b) ARP using DBBM-C covered with a palatal graft (PG) (n = 25) and (c) spontaneous healing (control) (n = 25). Eight weeks after tooth extraction, a CBCT was taken and early implant placement was performed in all patients. Esthetic, clinical and PROMs were evaluated one year post-loading.

RESULTS:

合計70名の患者が、埋入後1年目の再診査を受けることができた。中顔面粘膜マージン変化の中央値は、CM群-0.02mm(IQR-0.27-0.46)、PG群-0.13mm(IQR-0.44-0.25)、コントロール群-0.14mm(IQR-0.29-0.07)であり、各群間に有意な差は認められなかった。PESスコアの平均値は、CM群7.0±1.4、PG群7.1±1.5、コントロール群7.3±1.7で、両群間に有意な差はなかった。プラーク、プロービング時の出血、プロービングデプスは治療群間で差がなかった。PROMs全般では、両群間に有意な差は認められなかった。

RESULTS: A total of 70 patients were available for re-examination at one year post-loading. The median mid-facial mucosal margin change amounted to -0.02 mm (IQR -0.27-0.46) in the CM group, -0.13 mm (IQR -0.44-0.25) in the PG group and -0.14 mm (IQR -0.29-0.07) in the control group, with no significant differences between the groups. Mean PES scores amounted to 7.0 ± 1.4 in the CM group, 7.1 ± 1.5 in the PG group and 7.3 ± 1.7 in the control group without significant differences between the groups. Plaque, bleeding on probing and probing depth did not differ between treatment groups. PROMs in general revealed no significant differences between the groups.

おわりに:

ARPを用いた早期インプラント埋入は、コラーゲンマトリックスまたは口蓋垂を用いた早期インプラント埋入と同様の審美性、臨床性、PROMをもたらした。抜歯後2ヶ月以内にインプラントを埋入することができれば、ARPの付加価値は臨床的には無視できるかもしれません。

CONCLUSION: Early implant placement with ARP using either a collagen matrix or a palatal graft rendered similar esthetic, clinical and PROMs to early implant placement without ARP. When a failing tooth can be replaced with an implant within 2 months after tooth extraction, the added value of ARP might be clinically negligible.