国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

日本人の高齢者における口腔保健関連QOLは、うつ症状の有病率および発症と関連する。オハサマ・スタディ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gerodontology.2022 Jun;39(2):204-212.

日本人の高齢者における口腔保健関連QOLは、うつ症状の有病率および発症と関連する。オハサマ・スタディ

Oral health-related quality of life is associated with the prevalence and development of depressive symptoms in older Japanese individuals: The Ohasama Study.

PMID: 34009675

抄録

目的:

この前向き研究は、高齢者における口腔保健関連 QOL(OHRQoL)の低下と抑うつ症状の有病率との横断的関連、および OHRQoL の低下と抑うつ症状の発現との縦断的関連について検討したものである。

OBJECTIVE: This prospective study investigated the cross-sectional association between impaired oral health-related quality of life (OHRQoL) and the prevalence of depressive symptoms, and the longitudinal association between impaired OHRQoL and development of depressive symptoms among older adults.

背景:

これまでの研究で、高齢者における口腔内環境の悪化とうつ病の関係が示されてきたが、その知見は一貫していない。

BACKGROUND: Previous studies have shown a relationship between poor oral health and depression among older adults; however, findings are inconsistent.

材料および方法:

参加者は、55 歳以上の地域在住の日本人高齢者 669 名(平均 67.8±7.2 歳)である。296名のデータを縦断的解析に使用した。OHRQoLはOral Impacts on Daily Performances尺度を用いて評価した。OHRQoL の低下は,この尺度で少なくとも 1 つの影響を受けた場合と定義した.抑うつ症状の評価はZung自己評価式抑うつ尺度の日本語版を用い、カットオフスコアは40点とした。

MATERIALS AND METHODS: Participants were 669 community-dwelling older Japanese individuals aged≥55 years (mean: 67.8 ± 7.2 years). Data of 296 participants were used for longitudinal analyses. OHRQoL was evaluated using the Oral Impacts on Daily Performances scale. Impaired OHRQoL was defined as the presence of at least one impact on the scale. Depressive symptoms were assessed using the Japanese version of the Zung self-rating depression scale with a cut-off score of 40.

結果:

横断ロジスティック回帰モデルでは、OHRQoLの低下は、年齢、性別、肥満度、高血圧、脳血管・心血管疾患、喫煙、飲酒、教育、認知機能、客観的口腔保健(歯列状態)、口腔保健行動(1年以内の歯科受診)とは独立してうつ病症状と有意に関連していた(オッズ比[OR]、5.17;95%信頼区間[CI]、2.99-8.95)。同様に、OHRQoLの低下は、完全調整縦断モデルにおいて、4年以内の抑うつ症状の発症を予測した(OR, 6.00; 95% CI, 1.38-26.09 )。

RESULTS: The cross-sectional logistic regression model demonstrated that impaired OHRQoL was significantly associated with depressive symptoms (odds ratio [OR], 5.17; 95% confidence interval [CI], 2.99-8.95) independent of age, sex, body mass index, hypertension, cerebrovascular/cardiovascular disease, smoking, drinking alcohol, education, cognitive function, objective oral health (dentition status) and oral health behaviour (dental visit within 1 year). Similarly, impaired OHRQoL predicted the development of depressive symptoms within 4 years in a fully adjusted longitudinal model (OR, 6.00; 95% CI, 1.38-26.09).

結論:

OHRQoLの低下は、抑うつ症状の潜在的な併存疾患であり、後年の抑うつ障害の予測因子であることが明らかにされた。OHRQoLは、高齢者患者の精神的・口腔的健康に関して有用な臨床的アウトカムとなる可能性がある。

CONCLUSION: Impaired OHRQoL was identified as a potential comorbidity of depressive symptoms and a predictor for depressive disorder later in life. OHRQoL may be a useful clinical outcome for elder patients with regard to their mental and oral health.