国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

長期的な歯周病メンテナンス中の歯の喪失の予測因子。最新のシステマティックレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Periodontol.2021 08;48(8):1019-1036.

長期的な歯周病メンテナンス中の歯の喪失の予測因子。最新のシステマティックレビュー

Predictors of tooth loss during long-term periodontal maintenance: An updated systematic review.

PMID: 33998031

抄録

目的:

歯周病治療と長期歯周病メンテナンス(PM)を受けた歯周炎患者における歯の喪失の危険因子/予測因子を評価する。

AIM: To evaluate the risk factors / predictors of tooth loss in patients with periodontitis who underwent periodontal therapy and long-term periodontal maintenance (PM).

材料と方法:

PubMed, CENTRAL, EMBASE, Web of Science, LILACS, Scholarを2020年9月までに検索した。積極的歯周治療(APT)を受け,最低5年間のフォローアップで定期的なPMプログラムに従った歯周炎患者に限定した研究を,このレビューに含めることができた。歯周病治療中の歯の喪失に関するデータが報告されている研究を対象とした。患者一人当たりの年間の歯の喪失数のランダム効果メタアナリシスを行った。

MATERIAL AND METHODS: PubMed, CENTRAL, EMBASE, Web of Science, LILACS and Scholar were searched up to and including September 2020. Studies limited to periodontitis patients who underwent active periodontal therapy (APT) and followed a regular PM programme with 5 years follow-up minimum were eligible for inclusion in this review. Studies were included if they reported data on tooth loss during PM. Random effects meta-analyses of number of tooth loss per patient per year were conducted.

結果:

33件の研究に関する36件の論文が本レビューに含まれ、3件の前向き試験30件のレトロスペクティブ試験が行われた。サブグループメタアナリシスでは、前向き試験とレトロスペクティブ試験の間に差はなく、患者1人当たりの年間平均歯損失数は0.1本であった(p<0.001)。長期的なPMにおいては、上顎歯と臼歯が抜歯されやすかった。ベースラインの特徴(喫煙、糖尿病、心血管疾患、男性、歯槽膿漏)は、メタ回帰により歯の喪失の予測因子として有意ではなかった。歯周病による歯の喪失の割合は、0.45%から14.4%であった。歯周病による歯の喪失率は,0.45%から14.4%であった.各研究の結果から,歯周病による歯の喪失には,患者に関連する因子(年齢や喫煙)と歯に関連する因子(歯の種類や位置)が異なることが明らかになった.

RESULTS: Thirty-six papers regarding thirty-three studies were included in this review, with three prospective 30 retrospective trials. Subgroup meta-analysis showed no differences between prospective and retrospective studies, with an average of 0.1 tooth loss per year per patient (p < 0.001). Maxillary and molar teeth were more susceptible to be extracted during long-term PM. Baseline characteristics (smoking, diabetes mellitus, cardiovascular disease, being male and teeth with furcation lesions) showed no significance as predictor of tooth loss through meta-regression. The percentage of tooth loss due to periodontal reasons ranged from 0.45% to 14.4%. The individual outcomes in each study evidenced different patient-related factors (age and smoking) and tooth-related factors (i.e. tooth type and location) were associated with tooth loss during PM.

結論から言うと:

長期のPMを受けている患者の大部分は歯を失っていない。平均して、長期的なPMにより、10年ごとに患者1人あたり1本の歯が効果的に失われている。追加のプロスペクティブ試験により、これらの結果が確認されるかもしれない。

CONCLUSION: The majority of patients undergoing long-term PM have not lost teeth. On average, long-term PM effectively causes the loss of 1 tooth per patient every 10 years. Additional prospective trials may confirm these results.