会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高齢者顎関節症患者の症状,椎間板の位置,咬合対,顔面骨格の特徴に関する研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Int Med Res.2021 Feb;49(2):300060521990530.

高齢者顎関節症患者の症状,椎間板の位置,咬合対,顔面骨格の特徴に関する研究

Symptoms, disc position, occluding pairs, and facial skeletal characteristics of older patients with temporomandibular disorders.

PMID: 33583228

抄録

目的:

高齢者の顎関節症患者における異なる骨格診断の割合を説明し、両側の変形性関節症(BOA)と両側の正常関節(BNJ)の患者の症状、椎間板の位置、咬合対、顔面骨格の特徴を分析すること。

OBJECTIVE: To describe the proportions of different osseous diagnoses in older patients with temporomandibular disorders (TMD) and to analyze the symptoms, disc position, occluding pairs, and facial skeletal characteristics of patients with bilateral osteoarthrosis (BOA) and bilateral normal joints (BNJ).

研究方法:

本研究は、88名の高齢者(年齢60歳以上)を対象としたレトロスペクティブ・クロスセクション研究である。骨格診断、症状、椎間板の位置、閉塞ペア、顔面骨格の特徴を評価した。BOA患者とBNJ患者の変数を-検定とカイ二乗検定を用いて比較した。

METHODS: This retrospective cross-sectional study constituted 88 older patients (age ≥60 years). The osseous diagnosis, symptoms, disc position, occluding pairs, and facial skeletal characteristics were evaluated. Variables in BOA patients and BNJ patients were compared using the -test and chi-square test.

結果:

48名がBOA、7名が片側の変形性関節症、11名が中間の変形性関節症、22名がBNJであった。BOA患者のDDw/oR(Disc displacement without reduction)はBNJ患者よりも有意に高かった。BOA患者は、ANB角、PP-MP、U1-NPO、L1-NPO、顔面凸角が大きく、頭蓋底後面が短く、顎骨高さが減少していた。

RESULTS: Forty-eight patients had BOA, 7 had unilateral osteoarthrosis, 11 had intermediate osteoarthrosis, and 22 had BNJ. The prevalence of disc displacement without reduction (DDw/oR) in BOA patients was significantly higher than in BNJ patients. BOA patients exhibited greater ANB angle, PP-MP, U1-NPo, L1-NPo, and facial convexity angle; shorter posterior cranial base; and decreased ramus height.

結論としましては:

DDw/oRを伴うBOA患者は,BNJ患者と比較して,顔面痛の訴えが多く,頭蓋底後部が短く,下顎後退量,前歯の突出量,横顔の突出量が大きかった。

CONCLUSION: BOA patients with associated DDw/oR had more complaints of orofacial pain and exhibited a shorter posterior cranial base, and greater mandibular retrusion, anterior tooth protrusion, and protruded profile than BNJ patients.