会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

特大プロテーゼ対非特大プロテーゼ。SAPIEN 3バルブを用いた経カテーテル大動脈弁置換術後の中期成績 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Thorac Cardiovasc Surg.2020 Jul;doi: 10.1055/s-0040-1713168.Epub 2020-07-20.

特大プロテーゼ対非特大プロテーゼ。SAPIEN 3バルブを用いた経カテーテル大動脈弁置換術後の中期成績

Oversized versus Non-oversized Prosthesis: Midterm Outcomes after Transcatheter Aortic Valve Replacement Using SAPIEN 3 Valve.

  • Dritan Useini
  • Blerta Beluli
  • Hildegard Christ
  • Andreas Mügge
  • Polykarpos Patsalis
  • Markus Schlömicher
  • Peter Haldenwang
  • Matthias Bechtel
  • Justus Strauch
PMID: 32688405 DOI: 10.1055/s-0040-1713168.

抄録

背景:

SAPIEN 3(S3;Edwards Lifesciences Corp.我々は、経経体的経カテーテル大動脈弁置換術(TA-TAVR)後にオーバーサイズ(OS)のS3弁を受けた患者の中期転帰を調査することを目的とした。

BACKGROUND:  A certain degree of prosthesis oversizing is recommended for the SAPIEN 3 (S3; Edwards Lifesciences Corp., Irvine, California, United States) to ensure device success. We aimed to investigate midterm outcomes in patients who received oversized (OS) S3 valve after transapical-transcatheter aortic valve replacement (TA-TAVR).

方法:

当院でS3を用いたTA-TAVRを受けた大動脈狭窄症患者122例のうち、42例がOSプロテーゼを受けた。オーバーサイジングの評価にはCT(Computed Tomography)による有効径を用いた。移植する弁を選択した際のラベル付き直径が、アニュラスの面積から算出した有効アニュラスの直径より2mm以上大きい場合をオーバーサイジングと定義した。中間フォローアップを実施し、OSコホートと非OS(nOS)コホートを比較した。

METHODS:  Out of 122 patients with aortic stenosis who underwent TA-TAVR using S3 at our institution, 42 received OS prosthesis. We used computed tomography (CT) derived effective diameter to assess oversizing. We defined oversizing if the labeled diameter of the selected valve for implantation was ≥2 mm bigger than the effective annulus diameter calculated by the annulus area. We conducted a midterm follow-up and compared the OS cohort with the non-OS (nOS) cohort.

結果:

両群はリスクスコアと年齢が類似していた(STS[胸部外科学会]スコア:5.4±3、平均年齢:80.7±5.7)。30日死亡率はOSで7.1%、nOSで2.4%であった。全脳卒中の30日死亡率はOSで2.4%、nOSで0%であった。1年および3年の全死亡率は、OSで28.5%、42.8%、nOSで21.9%、26.8%であった。死亡および心脳イベントからの中間的な自由度は両群で同程度であった。中等度・重度の血管傍漏出はOS群では0%、nOS群では5.4%であった。拡張後の割合はOS群で7.1%、nOS群で15.3%であった。新規永久ペースメーカー植え込み(PPI)率はOSで15.7%、nOSで9.3%であった。STSスコアは死亡率の独立した予測因子として検出された。

RESULTS:  The study groups showed similar risk score and age (STS [Society of Thoracic Surgery] score: 5.4 ± 3; mean age: 80.7 ± 5.7). The 30-day mortality was 7.1% in OS versus 2.4% in nOS. The 30-day all-stroke was 2.4% in OS versus 0% in nOS. The 1- and 3-year all-cause mortality were 28.5 and 42.8% in OS versus 21.9 and 26.8% in nOS, respectively. Midterm freedom from death and from cardiocerebral events was similar in both groups. Moderate/severe paravalvular leakage occurred in 0% in OS versus 5.4% in nOS. The postdilation rate was 7.1% in OS versus 15.3% in nOS. The rate of new permanent pacemaker implantation (PPI) was 15.7% in OS versus 9.3% in nOS. The STS score was detected as an independent predictor of mortality.

結論:

オーバーサイズはデバイスの故障や術式内後拡張のリスクを減らすが、PPIのリスクを高める。S3を用いたOSとnOS後の初期および中期の罹患率と死亡率は同等である。

CONCLUSION:  Oversizing reduces the risk of device failure and intraprocedural postdilation but increases the risk of PPI. Early and midterm morbidity and mortality after OS and nOS with S3 are comparable.

Georg Thieme Verlag KG Stuttgart · New York.