会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

健康な雌犬における発情周期と妊娠状態が心血管系の変数に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Vet Cardiol.2020 Jun;30:57-68. S1760-2734(20)30048-5. doi: 10.1016/j.jvc.2020.05.004.Epub 2020-06-01.

健康な雌犬における発情周期と妊娠状態が心血管系の変数に及ぼす影響

Effects of the estrous cycle and pregnancy status on cardiovascular variables in healthy bitches.

  • J Ward
  • J P Mochel
  • Y-J Seo
  • S Sathe
PMID: 32688281 DOI: 10.1016/j.jvc.2020.05.004.

抄録

序論:

本研究の目的は、健康な雌犬の繁殖周期を通して母体の心血管系変数の変化を特徴づけ、妊娠による変化の大きさが子犬のサイズと相関しているかどうかを明らかにすることであった。

INTRODUCTION: The aim of the study was to characterize changes in maternal cardiovascular variables throughout the reproductive cycle in healthy bitches and determine whether magnitude of pregnancy-induced changes correlates to litter size.

動物:

本試験には、顧客が所有する 11 頭の繁殖牝犬が含まれています。

ANIMALS: Eleven client-owned breeding bitches were included in the study.

材料と方法:

雌犬をプロスペクティブに登録し、1回の繁殖周期を通して縦断的に追跡調査を行った。発情期、発情期(妊娠初期・後期)、無呼吸期に身体検査、心エコー検査、血圧測定、血漿量推定を実施した。胎児心エコー検査は妊娠後期に実施されました。線形混合効果モデルを用いてデータを来院間で比較し、変数間の相関関係を評価した。

MATERIALS AND METHODS: Bitches were enrolled prospectively and followed up longitudinally throughout a single reproductive cycle. Physical examination, echocardiography, blood pressure analysis, and plasma volume estimation were performed during proestrus, diestrus (early and late pregnancy), and anestrus. Fetal echocardiography was performed during late pregnancy. Data were compared across visits using a linear mixed-effects model, and correlation between variables was assessed.

結果:

プロエストラウスと比較して、周期のどの段階においても心拍数、血圧、左室の大きさや機能の心エコー測定、脳卒中量や心拍出量の心エコー計算に有意な変化は認められませんでした。推定血漿量は、妊娠初期で29.6%増加し(p<0.001)、妊娠後期では70.7%増加した(p<0.001)。胎児心エコー検査は、各雌犬の胎児のサブセットで実施可能でした。推定総胎児心拍出量と妊娠後期の母体心拍出量増加との間には有意な相関があった(p=0.0025)。生理的な心雑音の発生率は、大動脈流出速度の変動に起因するもので、プロエストラス期の 11 匹中 5 匹(45%)から妊娠後期の 11 匹中 2 匹(18%)までの範囲であった。

RESULTS: Compared with proestrus, no significant changes were observed at any phase of the cycle in heart rate, blood pressure, echocardiographic measurements of left ventricular size or function, or echocardiographic calculations of stroke volume or cardiac output. Estimated plasma volume increased by 29.6% in early pregnancy (p < 0.001) and 70.7% in late pregnancy (p < 0.001). Fetal echocardiography was feasible in a subset of fetuses for each bitch. There was a significant correlation between estimated total fetal cardiac output and late pregnancy increase in maternal cardiac output (p = 0.0025). The incidence of physiologic heart murmurs ranged from 5 of 11 (45%) bitches in proestrus to 2 of 11 (18%) bitches in late pregnancy, attributed to variations in aortic outflow velocity.

結論:

妊娠中の雌犬における血行動態の変化は、一貫して検出可能な心エコー図的変化をもたらさないことから、心臓スクリーニングは繁殖周期中のいつでも診断可能であることが示唆された。生理的な心雑音はこの研究集団では一般的であり、明らかに生殖周期とは関連していなかった。

CONCLUSIONS: Hemodynamic alterations in pregnant bitches do not result in consistently detectable echocardiographic changes, suggesting that cardiac screening could be diagnostic at any time during a reproductive cycle. Physiologic heart murmurs were common in this study population and not obviously associated with the reproductive cycle.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.