会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

長いノンコーディングRNA SLCO4A1-AS1は、miR-223-3p/IKKα/NF-κBシグナリングを調節することにより、非小細胞肺癌の進行を駆動します | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cancer Biol. Ther..2020 Jul;:1-9. doi: 10.1080/15384047.2020.1787757.Epub 2020-07-20.

長いノンコーディングRNA SLCO4A1-AS1は、miR-223-3p/IKKα/NF-κBシグナリングを調節することにより、非小細胞肺癌の進行を駆動します

Long non-coding RNA SLCO4A1-AS1 drives the progression of non-small-cell lung cancer by modulating miR-223-3p/IKKα/NF-κB signaling.

  • Qingpeng Li
  • Bo Jiang
  • Yang Qi
  • Hu Zhang
  • Haitao Ma
PMID: 32687454 DOI: 10.1080/15384047.2020.1787757.

抄録

世界的に、肺がんはがん関連死の主要な原因として知られており、非小細胞肺がん(NSCLC)は全症例の大部分を占めています。長鎖ノンコーディングRNA(lncRNA)は、様々な悪性腫瘍において重要な調節分子として作用することが明らかになってきています。しかし、NSCLCにおけるSLCO4A1アンチセンスRNA1(SLCO4A1-AS1)の機能は曖昧である。本研究では、NSCLCにおけるSLCO4A1アンチセンスRNA 1(SLCO4A1-AS1)の生物学的役割とその制御機構を明らかにすることを目的とした。その結果、SLCO4A1-AS1 の発現を抑制すると、NSCLC 細胞の増殖、遊走、浸潤は抑制されるが、アポトーシスは促進されることが明らかになった。さらに、SLCO4A1-AS1 は NSCLC において NF-κB 経路を活性化し、NF-κB 経路関連遺伝子である IKKα は NSCLC の組織・細胞において高いレベルを有していることを明らかにしました。重要なことは、miR-223-3pはSLCO4A1-AS1およびIKKαと結合していることである。さらに、SLCO4A1-AS1はmiR-223-3pと競合的に結合してIKKαの発現を増加させ、NF-κBシグナル伝達経路を活性化した。以上のことから、SLCO4A1-AS1はmiR-223-3pをスポンギングすることでNF-κBシグナル伝達経路を活性化し、IKKαの発現を増加させることでNSCLCの進行を誘導していることが明らかになった。このことから、SLCO4A1-AS1はNSCLC治療のための有望なバイオマーカーとなる可能性があると考えられます。

Globally, lung cancer is known as a major cause of cancer-associated death and non-small-cell lung cancer (NSCLC) accounts for majority of all cases. Growing evidence has emerged that long non-coding RNAs (lncRNAs) act as vital regulatory molecules in various malignancies. Nevertheless, the function of SLCO4A1 antisense RNA 1(SLCO4A1-AS1) in NSCLC is vague. This study intended to investigate the biological role and probable regulatory mechanism of SLCO4A1-AS1 in NSCLC. qRT-PCR revealed that SLCO4A1-AS1 level was upregulated in NSCLC. Function assays manifested that silence of SLCO4A1-AS1 attenuated NSCLC cell proliferation, migration and invasion but promoted NSCLC cell apoptosis. Furthermore, we disclosed that SLCO4A1-AS1 activated NF-κB pathway in NSCLC, and that IKKα, an NF-κB pathway-related gene, possessed an enhanced level in NSCLC tissues and cells. Importantly, miR-223-3p bound with SLCO4A1-AS1 and IKKα. Further, SLCO4A1-AS1 competitively bound with miR-223-3p to increase IKKα expression, thereby activating NF-κB signaling pathway. In conclusion, SLCO4A1-AS1 drove NSCLC progression by activating NF-κB signaling pathway via sponging miR-223-3p to enhance IKKα expression. Thus, SLCO4A1-AS1 might be a promising biomarker for NSCLC treatment.