会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

経皮的冠動脈インターベンション後の冠動脈性心疾患患者のlncRNA-Ang362と予後の関係 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biosci. Rep..2020 Jul;BSR20201524. doi: 10.1042/BSR20201524.Epub 2020-07-20.

経皮的冠動脈インターベンション後の冠動脈性心疾患患者のlncRNA-Ang362と予後の関係

Relationship between lncRNA-Ang362 and prognosis of patients with coronary heart disease after percutaneous coronary intervention.

  • Hui Wang
  • Huichao Gong
  • Yingwu Liu
  • Limin Feng
PMID: 32686826 DOI: 10.1042/BSR20201524.

抄録

冠動脈疾患(CHD)患者の重症度や複雑性の評価には、客観的で正確な予後指標が必要である。我々は,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の CHD 患者の lncRNA-Ang362 と予後の関係を評価した.CHD 患者の臨床フォローアップデータをプロスペクティブに収集した。LncRNA-Ang362レベルはリアルタイム定量ポリメラーゼ連鎖反応により検出した。生存率はKaplan-Meier法で算出し、リスク比と95%信頼区間は一変量および多変量COX比例ハザードモデルを用いて算出した。最後に、434人の患者がフォローアップコホートに含まれた。追跡期間中央値は 24.8 ヵ月(6.7~40)であった。心血管有害事象の発生率は13.6%であった。高発現群は低発現群と比較して喫煙者であり、肥満度指数、低密度リポ蛋白コレステロール、高感度C反応性蛋白、クレアチニン、尿酸値が高い傾向が有意に認められた。SYNTAXグレードによると、高リスク群と中リスク群は低リスク群に比べて有意に高いlncRNA発現量を示した。一変量COX回帰分析では、高lncRAN-Ang362発現はPCI後のCHD患者における有害心血管イベントのリスクを有意に増加させることが示された(ハザードリスク(HR)=3.19、95%信頼区間(CI):1.29~7.92)。多変量解析の結果、高lncRNA-Ang362発現はPCI後のCHD患者の予後悪化に独立して関連していることがわかった(HR=2.83、95%CI:1.34-6.02)。血漿中lncRNA-Ang362はPCI後のCHD患者の予後因子である可能性がある。lncRNA-Ang362の発現が高い患者は通常予後不良である。

The severity and complexity evaluation of coronary artery disease in patients with coronary heart disease (CHD) require objective and accurate prognosis indexes. We assessed the relationship between lncRNA-Ang362 and prognosis of CHD patients after percutaneous coronary intervention (PCI). Clinical follow-up data of CHD patients were prospectively collected. LncRNA-Ang362 levels were detected by real-time quantitative polymerase chain reaction. Survival rate was calculated by the Kaplan-Meier method, and risk ratios and 95% confidence intervals were computed using univariate and multivariate COX proportional hazard models. Finally, 434 patients were included in the follow-up cohort. The median follow-up time was 24.8 months (6.7-40). The incidence of adverse cardiovascular events was 13.6%. The high expression group significantly tended to be smoker and higher body mass index, low-density lipoprotein cholesterol, high-sensitivity C-reactive protein, creatinine, and uric acid levels compared with the low expression group. According to the SYNTAX grade, the high-risk and medium-risk groups had significantly higher lncRNA expression levels than the low-risk group. The univariate COX regression analysis indicated that high lncRAN-Ang362 expression significantly increased the risk of adverse cardiovascular events in CHD patients after PCI (hazard risk (HR)=3.19, 95%Confidence interval (CI): 1.29-7.92). Multivariate analysis found high lncRNA-Ang362 expression was independently related to worse prognosis in CHD patients after PCI (HR=2.83, 95%CI: 1.34-6.02). Plasma lncRNA-Ang362 may be a prognosis factor in CHD patients after PCI. The patients with higher lncRNA-Ang362 expression usually have poor prognosis.

Copyright 2020 The Author(s).