会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

仰臥位への姿勢変化は幼児のお昼寝を妨げない | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sci Rep.2020 Jul;10(1):11944. 10.1038/s41598-020-68832-3. doi: 10.1038/s41598-020-68832-3.Epub 2020-07-20.

仰臥位への姿勢変化は幼児のお昼寝を妨げない

Postural change for supine position does not disturb toddlers' nap.

  • Hidenobu Ohta
  • Yoshihisa Oishi
  • Takako Hirose
  • Sachiko Nakaya
  • Keiji Tsuchiya
  • Machiko Nakagawa
  • Hirotaka Gima
  • Isao Kusakawa
  • Hitoshi Yoda
  • Toshihiro Sato
  • Toru Sasaki
  • Hiroshi Nishida
  • Toshimasa Obonai
PMID: 32686727 DOI: 10.1038/s41598-020-68832-3.

抄録

本研究では、日本で行われている小児突然死(SUDC)の予防策である幼児のお昼寝時の仰臥位から仰臥位への強制的な姿勢変更が、幼児の睡眠を妨げるかどうかを検討した。1996年に「Back to Sleep」キャンペーン(BSC)が日本に導入された際には、1歳以上の乳幼児にもBSCの推奨事項が適用され、SUDCの発生率の低下に寄与することが期待されました。その後、日本の保育園では、昼寝時に5~10分ごとに寝姿勢のチェックと体位調整を行うことが日常的に行われるようになりました。保育園で52名の幼児(生後18.4±3.3ヶ月、平均±SD)を対象に、日中8時間、起床時の睡眠状態と体位(仰臥位、仰臥位、側臥位)をアクチグラフと3直交軸加速度計を用いて継続的にモニターしました。52名の幼児のうち、24名の幼児が昼寝時に仰臥位を採用しており、保育士が仰臥位に戻して調整していた。保育士が手動でうつ伏せから仰臥位に変えた場合、幼児は起きないか、あるいは短時間(3.1±4.9分)しか起きず、体位を変えてもすぐに眠りに戻っていた。今回の研究では、SUDCの予防法の一つである寝返りから仰臥位に手動で体位を変えても、昼寝中の睡眠を妨げないことが示されました。

This study examined whether forced postural change from prone to supine during toddlers' nap, a preventative measure taken in Japan for sudden unexplained death in childhood (SUDC), disturbs toddlers' sleep. When the "Back to Sleep" campaign (BSC) was introduced to Japan in 1996, its recommendations were also applied to infants aged 1 year old and over with the expectation that the BSC recommendations may also contribute to a decrease in the occurrence rate of SUDC. Since then, Japanese nurseries have routinely conducted sleeping position checks and positional adjustments of toddlers every 5-10 min during naps. A total of 52 toddlers (age 18.4 ± 3.3 months, means ± SD) were continuously monitored for 8 h during daytime at nursery schools for wake-sleep status and body position (prone, supine and lateral) with actigraphs and 3-orthogonal-axis accelerometers. Out of the 52 toddlers, 24 toddlers adopted prone positions during naps, which were adjusted by nursery staff back to supine. When nursery staff manually changed the toddlers position from prone to supine, the toddlers either did not wake or woke only briefly (3.1 ± 4.9 min) and returned to sleep soon after the positional change. Our study indicates that manual change of toddlers' sleeping position from prone to supine, a potential SUDC prevention method, does not disturb toddlers' sleep during their naps.