会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

心肺機能フィットネスとがん診断後の生存 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur J Prev Cardiol.2020 Jul;:2047487320930873. doi: 10.1177/2047487320930873.Epub 2020-07-19.

心肺機能フィットネスとがん診断後の生存

Cardiorespiratory fitness and survival following cancer diagnosis.

  • Alexander Fardman
  • Gabriel D Banschick
  • Razi Rabia
  • Ruth Percik
  • Dana Fourey
  • Shlomo Segev
  • Robert Klempfner
  • Ehud Grossman
  • Elad Maor
PMID: 32686470 DOI: 10.1177/2047487320930873.

抄録

エーアイエムズ:

がん患者の心肺体力と生存率との関連に関するデータは限られている。本研究は、中年期の心肺機能フィットネスとその後のがん診断後の生存との関連を評価することを目的とした。

AIMS: Data on the association of cardiorespiratory fitness with survival of cancer patients are limited. This study aimed to evaluate the association between midlife cardiorespiratory fitness and survival after a subsequent cancer diagnosis.

方法:

予防医療の場でスクリーニングを受けた無症状の自己申告成人19,134人を評価した。すべての被験者はベースライン時に心血管疾患とがんに罹患しておらず、最大運動負荷試験を完了していた。フィットネスは、トレッドミル時間に応じて年齢別および性別別の五分位に分類し、低フィットネス群(五分位1~2)と高フィットネス群に二分化した。

METHODS: We evaluated 19,134 asymptomatic self-referred adults who were screened in preventive healthcare settings. All subjects were free of cardiovascular disease and cancer at baseline and completed a maximal exercise stress test. Fitness was categorised into age-specific and sex-specific quintiles according to the treadmill time and dichotomised to low (quintiles 1-2) and high fitness groups.

結果:

平均年齢は50±8歳で、72%が男性であった。追跡期間中央値13年(中間値範囲7-16)の間に517人(3%)が死亡した。全体では、1455人(7.6%)の被験者ががんを発症し、がん診断までの期間の中央値は6.4年(中間値範囲3-10)であった。がん診断時の死亡率は、高体力群で有意に低かった(=0.03)。時間依存解析では、追跡期間中にがんを発症した被験者は死亡する可能性が高かった(<0.001)。がんと生存の関連は体力依存的であり、低体力群ではがんと死亡リスクが高いのに対し、高体力群では死亡リスクが低かった(ハザード比20対15、=0.047)。この効果修飾は、フィットネス評価とがん診断の間に4年間のブランキング期間を適用しても持続した(=0.003)。

RESULTS: The mean age was 50 ± 8 years and 72% were men. During a median follow-up of 13 years (interquartile range 7-16) 517 (3%) died. Overall, 1455 (7.6%) subjects developed cancer with a median time to cancer diagnosis of 6.4 years (interquartile range 3-10). Death from the time of cancer diagnosis was significantly lower among the high fitness group ( = 0.03). Time-dependent analysis showed that subjects who developed cancer during follow-up were more likely to die ( < 0.001). The association of cancer with survival was fitness dependent such that in the lower fitness group cancer was associated with a higher risk of death, whereas among the high fitness group the risk of death was lower (hazard ratio 20 vs. 15;  = 0.047). The effect modification persisted after applying a 4-year blanking period between fitness assessment and cancer diagnosis ( = 0.003).

結論:

中年期の心肺体力の向上は、がん患者の生存率向上と関連している。我々の知見は、予防的な医療現場でのフィットネス評価を支持するものである。

CONCLUSION: Higher midlife cardiorespiratory fitness is associated with better survival among cancer patients. Our findings support fitness assessment in preventive healthcare settings.