国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

民間・軍用航空機パイロット志望者の色覚異常症における変色鏡使用の医学的法的妥当性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rom J Ophthalmol.2020 Apr-Jun;64(2):153-157. RomJOphthalmol-64-153.

民間・軍用航空機パイロット志望者の色覚異常症における変色鏡使用の医学的法的妥当性

Medical legal validity of the use of the anomaloscope in the dyschromatopsia of aspiring civil and military aircraft pilots.

  • Mauro Salducci
  • Arianna Deandri
PMID: 32685781 PMCID: PMC7339684.

抄録

色覚異常とは、科学的には「色覚異常症」と定義される、色の知覚が変化した状態です。色覚異常は、世界人口の8%が罹患しています。色覚異常は、色の自己(赤、緑、青)の見え方に影響を与える錐体の変化によって引き起こされます。比較研究は、2019年3月から2020年1月までの間に、ローマの航空宇宙医学研究所「アルド・ディ・ロレート」で、空軍の眼科が民間の航空航海士に向けて行った通常の調査の過程で特定された色覚異常者の被験者で実施されました。石原氏の擬似異色表で発見された色覚異常を有する20~50歳の被験者10名を、手動実行プログラムを用いてOculus HMC-Anomaloscopeに投入し、その後CAD検査を実施しました。このように、色覚異常の10例中2例ではアノマロスコープが医学的判断の指針となり、CAD検査では両検査で強調されていた色覚感受性の欠如は同じであったが、完全な適合性の判断に向かっていたと考えられる。結論として、CAD検査は色覚異常の有無と深さを判定する高感度かつ特異的な方法であることが確認されただけでなく、志願者の航空業務の不当な拒否を防ぐことができた。

Color blindness is a condition of altered color perception, scientifically defined as "dyschromatopsia". Color blindness affects 8% of the world population. Color blindness is caused by an alteration of the cones that influences the vision of the color self (red, green, blue). A comparative study was conducted in dischromatopsic subjects identified during the course of the ordinary investigations directed towards the civil aero-navigating personnel by the Ophthalmology Department of the Air Force, between March 2019 and January 2020, at "Aldo Di Loreto" Institute of Aeronautical and Space Medicine of Rome. 10 subjects aged 20 to 50, with dyschromatopsia found at Ishihara's pseudoisochromatic tables, were submitted to Oculus HMC-Anomaloscope with a manual execution program and then a CAD test. Thus, in 2 out of 10 cases of dyschromatopsia, the Anomaloscope would have guided the medical judgement, while the CAD test would have oriented towards a judgment of full fitness despite the same lack of chromatic sensitivity however, underlined by both tests. In conclusion, the CAD test confirmed a highly sensitive and specific method of determining the presence and depth of the chromatic perception deficit but also the method was able to prevent the unjust refusal of certain air navigation activities to the aspirant staff.

©Romanian Society of Ophthalmology.