国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

中国貴州省における看護師の異文化的自己効力感に関する調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Nurs Sci.2020 Apr;7(2):191-197. S2352-0132(20)30042-9. doi: 10.1016/j.ijnss.2020.03.004.Epub 2020-03-19.

中国貴州省における看護師の異文化的自己効力感に関する調査

Investigation for the transcultural self-efficacy of nurses in Guizhou, China.

  • Juan Li
  • Bei Wu
  • Zhuang He
  • Jiru Liu
  • Rong Xiao
  • Yong Luo
PMID: 32685616 PMCID: PMC7355191. DOI: 10.1016/j.ijnss.2020.03.004.

抄録

狙い目:

中国では、患者の文化的多様性に起因する紛争が増加しており、病院では看護師の多文化的自己効力感の向上が急務となっている。本研究では、中国西部の少数民族地域である貴州省の第三次総合病院に勤務する看護師の超文化的自己効力感を評価し、看護師の人口統計学的特徴が看護師の超文化的自己効力感に影響を与えているかどうかを明らかにすることを目的としている。

Aim: As conflict caused by cultural diversity among patients in China continues to rise, hospitals are in urgent need for improvement of transcultural efficacy among nurses. This study aims to evaluate the transcultural self-efficacy of nurses working in the tertiary general hospital in Guizhou Province, an ethnic minority region in western China, and to identify whether nurses' demographic characteristics affect their transcultural self-efficacy.

方法:

中国語版の超文化的自己効力感ツール(TSET-CV)を用いて、1,190名の看護師を対象に調査を行った。

Method: We used the Chinese version of the Transcultural Self-Efficacy Tool (TSET-CV) to survey 1,190 in-service nurses.

調査結果:

その結果、看護師の異文化的自己効力感のレベルは全体的に中程度であり、高・低レベルの看護師はほとんどいないことがわかった。また、看護師の異文化的自己効力感は、年齢、配偶者の有無、雇用形態、収入、職務経験、看護師長の有無などの人口統計学的変数の影響を受けていることがわかった。安定した職場環境、安定した結婚生活、高学歴、高位の専門職の肩書きを持つことは、異文化間の自己効力感の増加と関連していた。

Results: Results showed that the level of transcultural self-efficacy of the nurses was generally moderate; few of the nurses had high or low transcultural self-efficacy. The nurses' transcultural self-efficacy was affected by demographic variables, including age, marital status, employment type, income, work experience, and whether or not they were head nurses. Having a stable work environment, a stable marriage, a good educational background, and a high-ranked professional title were associated with increased transcultural self-efficacy.

結論:

病院の看護管理者は、看護師の人口統計学的特徴と SEST のスコアに応じて、異文化看護に関する継続的な教育を行うべきである。

Conclusion: Nursing administrators in hospitals should offer continuing education on transcultural nursing according to nurses' demographic characteristics and the SEST scores.

© 2020 Chinese Nursing Association. Production and hosting by Elsevier B.V.