会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

フフホト市の中国人集団におけるアディポネクチン遺伝子多型と2型糖尿病の環境危険因子との関連性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biomed Res Int.2020;2020:6383906. doi: 10.1155/2020/6383906.Epub 2020-06-21.

フフホト市の中国人集団におけるアディポネクチン遺伝子多型と2型糖尿病の環境危険因子との関連性

Association between Adiponectin Gene Polymorphism and Environmental Risk Factors of Type 2 Diabetes Mellitus among the Chinese Population in Hohhot.

  • Meng Cui
  • Yumin Gao
  • Yanping Zhao
  • Hui Pang
  • Le Chen
  • Zhidi Wang
  • Lingyan Zhao
  • Minhui Li
PMID: 32685510 PMCID: PMC7327607. DOI: 10.1155/2020/6383906.

抄録

目的:

本研究の目的は、フフホト市の中国人集団におけるアディポネクチン遺伝子多型と2型糖尿病(T2DM)の環境危険因子との関連を調査することであった。本研究では、遺伝子と環境の相互作用の異なるモデルを探索し、地域住民の特性と組み合わせてT2DMの予防とコントロールのためのアプローチを提供することを目的とした。

Objective: The aim of this study was to investigate the association between adiponectin gene polymorphisms , , , , and and environmental risk factors of type 2 diabetes mellitus (T2DM) in Hohhot. The study explored different models of gene-environment interactions, aimed at providing approaches for the prevention and control of T2DM in combination with the characteristics of the local population.

方法:

中国人406名を対象とした症例対照研究を実施し、様々な病院の症例203名と対照203名から構成された。アディポネクチン()遺伝子多型、、、、、、を改良型多重ライゲーション検出反応法を用いて検出した。アディポネクチン遺伝子多型とT2DMとの関連、およびアディポネクチン遺伝子多型と環境因子との相互作用を解析するために、一般化多因子次元削減(GMDR)およびロジスティック回帰を行った。

Methods: A case-control study was conducted including 406 Chinese participants, comprising 203 cases and 203 controls from various hospitals. Adiponectin () gene polymorphisms , , , , and were detected using an improved multiple ligation detection reaction technique. Generalized multifactor dimensionality reduction (GMDR) and logistic regression were conducted to analyze the associations between adiponectin gene polymorphisms and T2DM, as well as the interactions between adiponectin gene polymorphisms and environmental factors.

結果:

5つのアディポネクチン遺伝子一塩基多型(SNP)遺伝子座のハプロタイプに基づいて、G-G-A-A-Cは2型糖尿病の感受性ハプロタイプであることを明らかにした(<0.05)。相互作用解析の結果、G-G-A-A-Cと中枢性肥満との間(一貫性=80%、=0.011)、およびG-G-A-A-Cと中枢性肥満との間(一貫性=70%、=0.011)の関連が示された。

Results: gene polymorphisms , , , , and were associated with type 2 diabetes. Based on the haplotype of the five adiponectin gene single-nucleotide polymorphism (SNP) loci, we found that G-G-A-A-C was a susceptible haplotype of T2DM ( < 0.05). Interaction analyses demonstrated associations between and central obesity (consistency = 80%, = 0.011) and between and and central obesity (consistency = 70%, = 0.011).

結論:

その結果、遺伝子と中心的な肥満との間に相互作用があることを示し、T2DMの予防と治療に新たな知見を提供することができました。

Conclusions: Our findings indicate that there is an interaction between the gene and central obesity, which provides new insights into the prevention and treatment of T2DM.

Copyright © 2020 Meng Cui et al.