国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歩行速度は選択的近位大動脈手術後の術後イベントの術前指標である | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Thorac. Cardiovasc. Surg..2020 May;S0022-5223(20)31232-0. doi: 10.1016/j.jtcvs.2020.03.165.Epub 2020-05-23.

歩行速度は選択的近位大動脈手術後の術後イベントの術前指標である

Gait speed is a preoperative indicator of postoperative events after elective proximal aortic surgery.

  • Reilly D Hobbs
  • Elizabeth L Norton
  • Xiaoting Wu
  • Cristen J Willer
  • Scott L Hummell
  • Richard L Prager
  • Jonathan Afilalo
  • Whitney E Hornsby
  • Bo Yang
PMID: 32684393 DOI: 10.1016/j.jtcvs.2020.03.165.

抄録

目的:

本研究の目的は、虚弱性の指標として確立されている 5m 歩行速度が、選択的近位大動脈手術後の術後イベントと関連しているかどうかを評価することであった。

OBJECTIVE: The study objective was to evaluate whether 5-m gait speed, an established marker of frailty, is associated with postoperative events after elective proximal aortic surgery.

方法:

大動脈根、上行大動脈、大動脈弓部の手術と定義される大動脈近位手術を選択的に受けた60歳以上の患者435例を対象にレトロスペクティブレビューを行った。患者は手術前30日以内に5mの歩行速度テストを行った。European System for Cardiac Operative Risk Evaluation IIを調整する前と調整後の複合転帰を経験する可能性について、カテゴリー別(遅い、0.83m/s以下、正常、0.83m/s以上)と連続的な歩行速度との関連を評価した。複合転帰には、院内死亡率、腎不全、長期人工呼吸、退院場所が含まれた。副次的転帰は1年死亡率と5年生存率であった。

METHODS: We performed a retrospective review of 435 patients aged more than 60 years who underwent elective proximal aortic surgery, defined as surgery on the aortic root, ascending aorta, or aortic arch through median sternotomy. Patients completed a 5-m gait speed test within 30 days before surgery. We evaluated the association between categoric (slow, ≤0.83 m/s and normal, >0.83 m/s) and continuous gait speed and the likelihood of experiencing the composite outcome before and after adjustment for European System for Cardiac Operative Risk Evaluation II. The composite outcome included in-hospital mortality, renal failure, prolonged ventilation, and discharge location. Secondary outcomes were 1-year mortality and 5-year survival.

結果:

研究対象者のうち、30.3%(132/435人)が遅歩者に分類された。遅歩者は院内死亡、人工呼吸の延長、腎不全の可能性が有意に高く、在宅退院の可能性が低かった(いずれもP<0.05)。複合転帰は、遅歩者では2倍の確率で発生した(歩行速度カテゴリ調整オッズ比、2.08;95%信頼区間、1.27~3.40;P=.004)。さらに、歩行速度の単位(1m/s)の増加(連続)は、複合転帰を経験するリスクが73%低いことと関連していた(オッズ比、0.27;95%信頼区間、0.11-0.68;P=.006)。

RESULTS: Of the study population, 30.3% (132/435) were categorized as slow. Slow walkers were significantly more likely to have in-hospital mortality, prolonged ventilation, and renal failure, and were less likely to be discharged home (all P < .05). The composite outcome was 2 times more likely to occur for slow walkers (gait speed categoric adjusted odds ratio, 2.08; 95% confidence interval, 1.27-3.40; P = .004). Moreover, a unit (1 m/s) increase in gait speed (continuous) was associated with 73% lower risk of experiencing the composite outcome (odds ratio, 0.27; 95% confidence interval, 0.11-0.68; P = .006).

結論:

歩行速度の遅さは、選択的近位大動脈手術後の術後イベントのリスクの術前指標となる。歩行速度は既存の手術リスクモデルを補完するための重要なツールであり,その応用により,術前および術後のリハビリテーションの恩恵を受ける可能性のある患者を特定できる可能性がある.

CONCLUSIONS: Slow gait speed is a preoperative indicator of risk for postoperative events after elective proximal aortic surgery. Gait speed may be an important tool to complement existing operative risk models, and its application may identify patients who may benefit from presurgical and postsurgical rehabilitation.

Copyright © 2020 The American Association for Thoracic Surgery. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.