会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

敗血症児の予後の危険因子に関するレトロスペクティブ研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Zhonghua Wei Zhong Bing Ji Jiu Yi Xue.2020 Jun;32(6):707-710. doi: 10.3760/cma.j.cn121430-20200225-00094.

敗血症児の予後の危険因子に関するレトロスペクティブ研究

[A retrospective study on risk factors for prognosis of children with sepsis].

  • Yi Wang
  • Hua Zhang
  • Xiaojing Tang
  • Xiaojuan Li
PMID: 32684217 DOI: 10.3760/cma.j.cn121430-20200225-00094.

抄録

目的:

小児の敗血症の予後に影響を及ぼす可能性のある危険因子を探る。

OBJECTIVE: To explore the risk factors that may affect the prognosis of sepsis in children.

方法:

レトロスペクティブ研究を実施した。2018年1月から2019年5月までに西安小児病院クリティカルケア内科に入院した生後28日から18歳までの敗血症児を登録した。入院後8時間以内の一般的な人口統計データと臨床指標を収集し、28日死亡率をエンドポイントとした。生存率と死亡児との指標の差を比較し、2値ロジスティック回帰分析による予後の危険因子を解析した。予後に関連する危険因子の予測値をレシーバー操作特性(ROC)曲線で検証した。

METHODS: A retrospective study was conducted. Septic children who aged 28 days to 18 years old admitted to the department of critical care medicine of Xi'an Children's Hospital from January 2018 to May 2019 were enrolled. The general demographic data and clinical indicators within 8 hours after admission were collected, and the 28-day mortality was the end point. The differences of the indexes between the survival and the dead children were compared, and the risk factors of prognosis by binary Logistic regression analysis were analyzed. The predictive value of related risk factors on the prognosis was verified by receiver operating characteristic (ROC) curve.

結果:

敗血症の小児を合計165例選び、75例が28日で死亡し、28日死亡率は45.45%であった。生存群と比較して、死亡群のアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)、血清クレアチニン(SCr)、クレアチンキナーゼアイソザイム(CK-MB)、乳酸(Lac)、プロカルシトニン(PCT)が有意に上昇した[ALT(U/L):404.99±88.26 vs. 181.64±35.17、AST(U/L):453.37±35.37 vs. 210.69±92.50、SCr(μmol/L):156.46±105.65 vs. 54.32±25.46、CK-MB(U/L):244.86±53.68 vs. 97.29±19.11、Lac(mmol/L):5.55±1.66 vs. 2.49±1.29、PCT(ng/L):35.55±15.87 vs. 18.66±4.91、すべてP<0。01],血小板数(PLT),血清イオン化カルシウム濃度(iCa)は有意に減少した[PLT(×10/L):81.49±29.53 vs. 165.43±97.81,iCa(mmol/L):0.89±0.16 vs. 1.84±0.14,いずれもP<0.01]。性別、年齢、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、アルブミン(ALB)、血中尿素窒素(BUN)には両群間で有意差はなかった。二元ロジスティック回帰分析の結果、Lac、SCr、PCTが敗血症児の予後の危険因子であることが示された[オッズ比(OR)、95%信頼区間(95%CI)は2.18(1.22~3.09)であった。09),2.01(1.00~2.07),1.14(1.07~1.21)であり,PLTおよびiCaは保護因子であった[ORおよび95%CIはそれぞれ0.95(0.93~0.98),0.32(0.12~0.42)であり,いずれもP<0.01]。さらにROC曲線解析を行ったところ,Lac,PCT,SCrはいずれも敗血症児の予後予測値であり,ROC曲線下面積(AUC)はそれぞれ0.881,0.864,0.711であった(いずれもP<0.01);Lac,SCr,PCT,PLT,iCaの影響因子を合わせた予測AUCは0.981と高く,感度は97.6%,特異度は98.7%であった。

RESULTS: A total of 165 children with sepsis were selected, 75 died in 28-days with a 28-day mortality of 45.45%. Compared with the survival group, the alanine aminotransferase (ALT), aspertate aminotransferase (AST), serum creatinine (SCr), creatine kinase isoenzyme (CK-MB), lactate (Lac) and procalcitonin (PCT) in the dead group significantly increased [ALT (U/L): 404.99±88.26 vs. 181.64±35.17, AST (U/L): 453.37±35.37 vs. 210.69±92.50, SCr (μmol/L): 156.46±105.65 vs. 54.32±25.46, CK-MB (U/L): 244.86±53.68 vs. 97.29±19.11, Lac (mmol/L): 5.55±1.66 vs. 2.49±1.29, PCT (ng/L): 35.55±15.87 vs. 18.66±4.91, all P < 0.01], while platelet count (PLT), serum ionized calcium concentration (iCa) significantly decreased [PLT (×10/L): 81.49±29.53 vs. 165.43±97.81, iCa (mmol/L): 0.89±0.16 vs. 1.84±0.14, both P < 0.01]. There was no significant difference in gender, age, prothrombin time (PT), activated partial thromboplastin time (APTT), albumin (ALB) and blood urea nitrogen (BUN) between the two groups. Binary Logistic regression analysis showed that Lac, SCr and PCT were the risk factors for the prognosis of children with sepsis [odds ratio (OR) and 95% confidence interval (95%CI) were 2.18 (1.22-3.09), 2.01 (1.00-2.07), 1.14 (1.07-1.21), respectively, all P < 0.01], while PLT and iCa were protective factors [OR and 95%CI were 0.95 (0.93-0.98), 0.32 (0.12-0.42), respectively, both P < 0.01]. Further ROC curve analysis showed that Lac, PCT and SCr were all of predictive value for the prognosis of children with sepsis, and the area under ROC curve (AUC) was 0.881, 0.864, 0.711, respectively (all P < 0.01); the combined predicted AUC of Lac, SCr, PCT, PLT and iCa influencing factors was as high as 0.981, with the sensitivity of 97.6%, and the specificity of 98.7%.

結論:

Lac, PCT, SCrは敗血症児の予後の独立した危険因子であることが示唆された。

CONCLUSIONS: Lac, PCT and SCr are independent risk factors for the prognosis of children with sepsis.