会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

遠位胃癌の根治的切除に対するアンカットRoux-en-Y吻合術後の閉鎖点再狭窄の予防 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Zhonghua Wei Chang Wai Ke Za Zhi.2020 Jul;23(7):717-719. doi: 10.3760/cma.j.cn.441530-20190716-00277.

遠位胃癌の根治的切除に対するアンカットRoux-en-Y吻合術後の閉鎖点再狭窄の予防

[Prevention of closure point recanalization after uncut Roux-en-Y anastomosis for radical resection of distal gastric cancer].

  • G X Zhu
  • J J Qu
  • S J Zhou
PMID: 32683835 DOI: 10.3760/cma.j.cn.441530-20190716-00277.

抄録

遠位胃癌に対する根治的胃切除術後の消化管再建術では、アンカットRoux-en-Y吻合が広く用いられている。しかし、入力ループの近位空腸閉鎖点再疎通は、術後時間が長くなると膵液または胆汁逆流を引き起こし、残胃または食道の炎症性病変を引き起こす可能性がある術後の患者の重要な合併症である。吻合時の閉鎖点の位置の選択が悪いと、ブラインドループに堆積した大量の食物が押されて衝撃を受け、その結果、糸の緩みや失敗したU字型ステープルが発生し、再開通の合併症を引き起こす可能性がある。ほとんどの学者は、空腸管閉鎖点を残存胃結紮術から2~3cmの最適な位置に短縮することで、食物滞留を有意に減少させ、閉鎖点の圧力を低下させ、再結紮の発生率を低下させることができると考えている。現在、腹腔鏡下で4列、6列のU字ステープルや7#ワイヤー結紮などの新しい吻合手技や材料を適用することで、閉鎖点の再開通の発生を防ぐことができる。アンカットRoux-en-Y吻合は安全で合併症も少なく、消化管再建の最良の方法の一つとして期待されています。

Uncut Roux-en-Y anastomosis is widely used in gastrointestinal reconstruction procedure after radical gastrectomy for distal gastric cancer. However, the proximal jejunal closure point recanalization of the input loop is an important complication of postoperative patients with prolonged time, resulting in pancreatic juice or bile reflux, which can lead to inflammatory lesions of the remnant stomach or esophagus. Poor selection of the location of the closure point during anastomosis causes a large amount of food deposited in the blind loop to be pushed and impacted, resulting in loosened threads or failed U-shaped staples, which may cause recanalization complications. Most scholars believe that the shortening of the jejunal tube closure point to the optimal position of 2 to 3 cm from the residual gastrojejunostomy can significantly reduce food retention, decrease the pressure of the closure point and the incidence of recanalization. At present, the application of new anastomotic techniques and materials such as four-row and six-row U-shaped staples and 7# wire ligation under laparoscopy can prevent the occurrence of recanalization of the closure point. Uncut Roux-en-Y anastomosis is safe and has few complications, and is expected to become one of the best ways of digestive tract reconstruction.

非离断(Uncut)Roux-en-Y吻合术是目前远端胃癌根治术后应用比较广泛的消化道重建术式。但是,其输入袢近端空肠闭合点再通是患者术后随时间延长而易出现的重要并发症,引起的胰液或胆汁反流,可导致残胃或食管发生炎性病变。吻合时闭合点位置选择不佳,使盲袢中大量沉积食物受到推挤冲击以及丝线松脱、U型缝钉脱落等因素均可导致再通并发症的发生。认为,空肠管闭合点缩短至距残胃空肠吻合口2~3cm处位置最佳,可明显减少食物滞留量,轻减闭合点压力,降低再通率目前。,腹腔镜下四排、六排U型缝钉和7号丝线束扎等新的吻合技术和材料的应用,可预防闭合点再通的发生,Uncut Roux-en-Y、安全、并发症少,有望成为消化道重建的最佳方式之一。

非离断(Uncut)Roux-en-Y吻合术是目前远端胃癌根治术后应用比较广泛的消化道重建术式。但是,其输入袢近端空肠闭合点再通是患者术后随时间延长而易出现的重要并发症,引起的胰液或胆汁反流,可导致残胃或食管发生炎性病变。吻合时闭合点位置选择不佳,使盲袢中大量沉积食物受到推挤冲击以及丝线松脱、U型缝钉脱落等因素,均可导致再通并发症的发生。多数学者认为,空肠管闭合点缩短至距残胃空肠吻合口2~3 cm处位置最佳,可明显减少食物滞留量,减轻闭合点压力,降低再通率。目前,腹腔镜下四排、六排U型缝钉和7号丝线束扎等新的吻合技术和材料的应用,可预防闭合点再通的发生,Uncut Roux-en-Y安全、并发症少,有望成为消化道重建的最佳方式之一。.