会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

大腸肝転移の切除後のRAS変異部位と腫瘍学的転帰との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ann. Surg. Oncol..2020 Jul;10.1245/s10434-020-08862-3. doi: 10.1245/s10434-020-08862-3.Epub 2020-07-18.

大腸肝転移の切除後のRAS変異部位と腫瘍学的転帰との関連

Association of RAS Mutation Location and Oncologic Outcomes After Resection of Colorectal Liver Metastases.

  • Lily V Saadat
  • Thomas Boerner
  • Debra A Goldman
  • Mithat Gonen
  • Timothy L Frankel
  • Efsevia Vakiani
  • T Peter Kingham
  • William R Jarnagin
  • Alice C Wei
  • Kevin C Soares
  • David B Solit
  • Michael I D'Angelica
PMID: 32683635 DOI: 10.1245/s10434-020-08862-3.

抄録

背景:

RAS変異は転移性大腸癌(mCRC)患者の予後を左右する。大腸肝転移(CRLM)患者を対象に、RASエクソンに基づく臨床的、病理学的、生存期間の違いを検討した。

BACKGROUND: RAS mutations are prognostic for patients with metastatic colorectal cancer (mCRC). We investigated clinical, pathologic, and survival differences based on RAS exon for patients with colorectal liver metastases (CRLM).

方法:

このレトロスペクティブな単施設研究では、1992年から2016年までにCRLMのR0/R1切除を受けた患者を対象とした。切除されていない肝外病変または肝第一切除の患者は除外した。全生存期間(OS)および無再発生存期間を評価し、突然変異の状態および部位によって層別化した。必要に応じて、フィッシャーの厳密検定、Wilcoxon rank-sum 検定、および log-rank 検定を用いた。

METHODS: This retrospective, single-center study included patients with R0/R1 resection of CRLM from 1992 to 2016. Patients with unresected extrahepatic disease or liver-first resection were excluded. Overall survival (OS) and recurrence-free survival were assessed and stratified by mutation status and location. Fisher's exact test, Wilcoxon rank-sum test, and log-rank test were used, where appropriate.

結果:

合計938人のmCRC患者が同定され、年齢中央値は57歳(範囲19~91歳)であった。KRAS変異を有する445人の患者のうち、407人(91%)がエクソン2、14人(3%)がエクソン3、24人(5%)がエクソン4に変異を有していた。全生存期間中央値は71.4ヵ月(95%信頼区間[CI]66.1-76.5)であった。KRAS変異を有する患者は、KRAS野生型患者に比べてOSが悪かった(中央値55.5 vs. 91.3months、p<0.001)。OSには変異したエクソンに基づく有意差はなかった(p=0.12)が、エクソン4変異を有する患者の5年OSは、エクソン2変異を有する患者[45.7%(95%CI 0.40-0.51)]またはエクソン3変異を有する患者[39.1%(95%CI 0.11-0.68)]と比較して、エクソン4変異を有する患者[68.8%(95%CI 0.45-0.84)]の方が高かった。また、NRAS変異腫瘍の患者は、NRAS野生型患者と比較してOSが悪化した(中央値50.9ヵ月 vs. 73.3ヵ月、p=0.03)。

RESULTS: A total of 938 mCRC patients were identified with median age of 57 (range 19-91). Of the 445 patients with KRAS mutations, 407 (91%) had a mutation in exon 2, 14 (3%) exon 3, and 24 (5%) exon 4. Median OS was 71.4 months (95% confidence interval [CI] 66.1-76.5). Patients with KRAS mutations had worse OS compared with KRAS wild-type patients (median 55.5 vs. 91.3 months, p < 0.001). While there was no significant difference in OS based on the exon mutated (p = 0.12), 5-year OS was higher for patients with exon 4 mutations [68.8% (95% CI 0.45-0.84)] compared with those with mutations in exon 2 [45.7% (95% CI 0.40-0.51)] or exon 3 [39.1% (95% CI: 0.11-0.68)]. Patients with NRAS mutant tumors also had worse OS compared with NRAS wild-type patients (median 50.9 vs. 73.3 months, p = 0.03).

結論:

NRASおよびKRASエクソン3/4変異は、少数のmCRC患者に存在する。エクソン4変異腫瘍の患者は予後がより良好であるが、変異エクソンに基づく腫瘍学的転帰の差は以前に報告されたものよりも小さいようである。

CONCLUSIONS: NRAS and KRAS exon 3/4 mutations are present in a minority of mCRC patients. Patients with exon 4 mutant tumors may have a more favorable prognosis, although the difference in oncologic outcomes based on mutated exon appears to be smaller than previously reported.