会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

凍結したヒト精子サンプルに対する微小重力の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Assist. Reprod. Genet..2020 Jul;10.1007/s10815-020-01877-5. doi: 10.1007/s10815-020-01877-5.Epub 2020-07-18.

凍結したヒト精子サンプルに対する微小重力の影響

Microgravity effects on frozen human sperm samples.

  • M Boada
  • A Perez-Poch
  • M Ballester
  • S García-Monclús
  • D V González
  • S García
  • P N Barri
  • A Veiga
PMID: 32683528 DOI: 10.1007/s10815-020-01877-5.

抄録

目的:

微小重力は、細胞・分子構造や代謝相互作用に深刻な影響を与える。本研究の目的は、ヒトの凍結精子サンプルに対する微小重力(μg)曝露の影響を調べることである。

PURPOSE: Microgravity has severe effects on cellular and molecular structures as well as on metabolic interactions. The aim of this study is to investigate the effects of microgravity (μg) exposure on human frozen sperm samples.

方法:

15人の正常造精子健康ドナーからの兄弟サンプルを、凍結保護剤としてグリセロールを用いて凍結し、微小重力および地上条件で分析した。微小重力は、CAP10B飛行機を用いた放物線飛行によって得られた。この飛行機は、各放物線に対して平均8.5秒の微小重力で20回の放物線飛行を実行した。

METHODS: Sibling samples from 15 normozoospermic healthy donors were frozen using glycerol as cryoprotectant and analyzed under microgravity and ground conditions. Microgravity was obtained by parabolic flights using a CAP10B plane. The plane executed 20 parabolic maneuvers with a mean of 8.5 s of microgravity for each parabola.

結果:

クライオストローに保存され、安全で特異的な窒素蒸気クライオシッパーに保存された凍結精子サンプルは、μg曝露後に有意な変化を受けません。試験群(μg)と対照群(1g)を比較すると、研究した主なパラメータで同様の結果が得られた:精子の運動性(M/ml)13.72±12.57 vs. 13.03B1;13.0±0.95。03±12.13(-0.69 95% CI [-2.9; 1.52])、進行性a+b精子運動率(%)21.83±11.69 vs 22.54±12.83(0.03 95% CI [-0.08; 0.15])、精子の活力(%)46.42±10.81 vs 44.62&#xB1.81。81 vs 44.62±9.34 (-0.04 95% CI [-0.13; 0.05])、形態的に正常な精子(%) 7.03±2.61 vs 8.09±3.61 (0.12 95% CI [0.01; 0.24])、SCDによるDNA精子の断片化(%) 13.33±5.12 vs 13.88±6.14(0.03 95% CI [-0.09; 0.16])、およびMACSによるアポトーシス精子(%)15.47±15.04 vs 23.80±23.63(-0.20 95% CI [-0.66; 1.05])。

RESULTS: Frozen sperm samples preserved in cryostraws and stored in a secure and specific nitrogen vapor cryoshipper do not suffer significant alterations after μg exposure. Comparing the study group (μg) and the control group (1 g), similar results were obtained in the main parameters studied: sperm motility (M/ml) 13.72 ± 12.57 vs 13.03 ± 12.13 (- 0.69 95% CI [- 2.9; 1.52]), progressive a + b sperm motility (%) 21.83 ± 11.69 vs 22.54 ± 12.83 (0.03 95% CI [- 0.08; 0.15]), sperm vitality (%) 46.42 ± 10.81 vs 44.62 ± 9.34 (- 0.04 95% CI [- 0.13; 0.05]), morphologically normal spermatozoa (%) 7.03 ± 2.61 vs 8.09 ± 3.61 (0.12 95% CI [0.01; 0.24]), DNA sperm fragmentation by SCD (%) 13.33 ± 5.12 vs 13.88 ± 6.14 (0.03 95% CI [- 0.09; 0.16]), and apoptotic spermatozoa by MACS (%) 15.47 ± 15.04 vs 23.80 ± 23.63 (- 0.20 95% CI [- 0.66; 1.05]).

結論:

μgに曝露された凍結試料と地上条件で維持された試料との間に得られた差がないことは、ヒトの雄性配偶子の宇宙への安全な輸送を考慮する可能性を提供する。それにもかかわらず、結果を検証し、地球外にヒト精子バンクを作る可能性を検討するためには、さらなる研究が必要である。

CONCLUSION: The lack of differences obtained between frozen samples exposed to μg and those maintained in ground conditions provides the possibility of considering the safe transport of human male gametes to space. Nevertheless, further research is needed to validate the results and to consider the possibility of creating a human sperm bank outside the Earth.

トライアル登録番号:

ClinicalTrials.gov.NCT03760783.

TRIAL REGISTRATION NUMBER: ClinicalTrials.gov: NCT03760783.