会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

精巣捻転:小児および成人患者における睾丸摘出術の疫学的危険因子 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Impot. Res..2020 Jul;10.1038/s41443-020-0331-8. doi: 10.1038/s41443-020-0331-8.Epub 2020-07-18.

精巣捻転:小児および成人患者における睾丸摘出術の疫学的危険因子

Testicular torsion: epidemiological risk factors for orchiectomy in pediatric and adult patients.

  • Garrick M Greear
  • Michael F Romano
  • Mark H Katz
  • Ricardo Munarriz
  • James T Rague
PMID: 32683416 DOI: 10.1038/s41443-020-0331-8.

抄録

精巣捻転は小児患者における罹患率の原因として知られているが、成人患者における負担については十分に理解されていない。我々は、全年齢を網羅する集団における精巣捻転の発生率と睾丸切除の危険因子を明らかにしようとした。2011年および2012年の医療費と利用プロジェクト全国救急診療科サンプルを用いて、捻転のために手術を受けた男性1625人のコホート分析を行った。睾丸摘出術と精巣摘出術との関連性について、患者および病院の要因を調べた。精巣捻転の年間推定発生率は、1~17歳の男性10万人当たり5.9人、18歳以上の男性10万人当たり1.3人であった。外科的介入を受けた人のうち、33.6%に睾丸摘出術が行われた。睾丸摘出術のリスクは、1~11歳の患者と50歳以上の患者で最も高かった(それぞれ46.0%、69.7%)。睾丸摘出術は、公的保険(メディケイド/メディケア)または自己負担を主な支払者とする場合にも関連していた。成人では精巣捻転は少ないが、睾丸摘出術の実施率は高い。支払者の地位が不利な人は、精巣喪失のリスクも高い。

Testicular torsion is a known cause of morbidity in pediatric patients, but the burden in the adult population is poorly understood. We sought to determine the incidence of testicular torsion and risk factors for orchiectomy in a population encompassing all ages. A cohort analysis of 1625 males undergoing surgery for torsion was performed using the 2011 and 2012 Healthcare Cost and Utilization Project Nationwide Emergency Departments Sample. Patient and hospital factors were examined for association with orchiectomy vs. testicular salvage. The estimated yearly incidence of testicular torsion was 5.9 per 100,000 males ages 1-17 years and 1.3 per 100,000 males ≥18 years. Among those undergoing surgical intervention, orchiectomy was performed in 33.6%. The risk of orchiectomy was highest in patients 1-11 years of age and patients over 50 years of age (46.0% and 69.7% of patients, respectively). Orchiectomy was also associated with public insurance (Medicaid/Medicare) or self-pay as primary payer. While testicular torsion is less common in the adult population, the rate of orchiectomy is high. Those with disadvantaged payer status are also at increased risk for testicular loss.