会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

コロナウイルス病2019(COVID-19)の人のスタチン使用の賛否両論 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Diabetes Metab Syndr.2020 Jul;14(5):1225-1229. S1871-4021(20)30259-9. doi: 10.1016/j.dsx.2020.07.011.Epub 2020-07-11.

コロナウイルス病2019(COVID-19)の人のスタチン使用の賛否両論

Pros and cons for use of statins in people with coronavirus disease-19 (COVID-19).

  • Ray Subir
  • Mukherjee Jagat J
  • Gangopadhyay Kalyan K
PMID: 32683320 DOI: 10.1016/j.dsx.2020.07.011.

抄録

背景と目的:

コロナウイルス病2019(COVID-19)による罹患率と死亡率は、糖尿病(DM)、高血圧、心血管疾患(CVD)を有する人の間で高くなっています。スタチン系薬剤は、DMやCVD患者の大多数に使用されている。本ミニレビューでは、COVID-19でのスタチン使用のベネフィットリスク比に関する現在の理解について論じている。

BACKGROUND AND AIMS: Morbidity and mortality from coronavirus disease 2019 (COVID-19) is higher among people with diabetes mellitus (DM), hypertension, and cardiovascular disease (CVD). Statins are used in the majority of people with DM and CVD. This mini-review discusses the current understanding of benefit-risk ratio of use of statins in COVID-19.

方法:

2020年6月12日までに、目的に関連する特定のキーワードでPubMedデータベースを検索した。英語で発表された関連論文の全文を検索し、レビューを行った。

METHODS: We searched PubMed database using specific keywords related to our aims till June 12, 2020. Full text of relevant articles published in English language were retrieved and reviewed.

結果:

スタチンは、免疫調節作用、抗炎症作用、抗血栓作用、抗酸化作用を有し、重症急性呼吸器症候群-コロナウイルス2(SARS-CoV2)感染症における肺障害の重症度および死亡率を低下させる可能性がある。アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)のスタチン誘発性アップレギュレーションは、過剰なアンジオテンシンIIによる肺障害を軽減する可能性がある。脂質ラフトを破壊することにより、スタチンは細胞内へのウイルスの侵入を減少させる可能性がある。しかし,COVID-19の転帰に及ぼすMYD88遺伝子発現との複合的な相互作用のベネフィット・リスク比や,SARS-CoV2感染の重症度上昇における低血清LDLコレステロールの仮定された役割については,さらなる解明が必要である。

RESULTS: Statins, with their immunomodulatory, anti-inflammatory, anti-thrombotic, and anti-oxidant properties, have the potential to reduce severity of lung injury in, and mortality from, severe acute respiratory syndrome-coronavirus 2 (SARS-CoV2) infections. Statin-induced upregulation of angiotensin-converting enzyme-2 (ACE2) has the potential to reduce lung injury from excess angiotensin II. By disrupting lipid rafts, statins have the potential to reduce viral entry into cells. However, benefit-risk ratio of its complex interaction with MYD88 gene expression on outcomes in COVID-19, and the putative role of low serum LDL cholesterol in increasing severity of SARS-CoV2 infection need further clarification.

結論:

COVID-19の患者で、すでに併存疾患のためにスタチンを服用している人は、特別な禁忌がない限り、スタチンの服用を継続すべきである。COVID-19の患者で基礎疾患のないCOVID-19の患者へのスタチンの非新規使用は有益であるかもしれないが、臨床試験での実証が待たれるところである。

CONCLUSIONS: People with COVID-19, who are already on statins for an underlying co-morbid condition, should continue on it unless there are specific contraindications. De-novo use of statins in people with COVID-19 with no underlying co-morbidity might be beneficial but awaits substantiation in clinical trials; till that time, de novo use of statins in COVID 19 should be limited to a clinical trial setting.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Ltd.