会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

放射線治療に対する腫瘍抵抗性における相互作用とコミュニケーション。治療の視点から | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. Immunopharmacol..2020 Jul;87:106807. S1567-5769(20)31871-3. doi: 10.1016/j.intimp.2020.106807.Epub 2020-07-16.

放射線治療に対する腫瘍抵抗性における相互作用とコミュニケーション。治療の視点から

The interactions and communications in tumor resistance to radiotherapy: Therapy perspectives.

  • Milad Ashrafizadeh
  • Bagher Farhood
  • Ahmed Eleojo Musa
  • Shahram Taeb
  • Masoud Najafi
PMID: 32683299 DOI: 10.1016/j.intimp.2020.106807.

抄録

腫瘍微小環境(TME)には、がん細胞、間質構造に関与する細胞、免疫細胞(腫瘍抑制細胞、腫瘍促進細胞)など、幅広い種類の細胞が含まれています。これらの細胞は、主に細胞間メディエーターの放出を介して制御される相互作用をいくつか有している。放射線治療は、分泌物を炎症性または抗炎症性の反応に移行させることにより、これらの相互作用を調節することができる。放射線治療はまた、間質細胞の活性化を介してがん(幹)細胞の抵抗性を誘発することができる。放射線治療に対する腫瘍抵抗性の主なメカニズムは、CD4+ T細胞の抑制および細胞傷害性CD8+ Tリンパ球(CTL)のアポトーシスを介した抗腫瘍免疫の枯渇である。がん関連線維芽細胞(CAFs)、間葉系由来サプレッサー細胞(MDSCs)、調節性T細胞(Tregs)は、いくつかのケモカイン、サイトカイン、免疫抑制因子の放出を介して抗腫瘍免疫の主要な抑制因子となっている。本レビューでは、放射線治療後のTMEにおける主な細胞・分子相互作用と分泌物について説明する。さらに、放射線治療の治療効率を向上させるために標的化することができる主要なシグナル伝達経路および細胞間接続についても議論する。

Tumor microenvironment (TME) includes a wide range of cell types including cancer cells, cells which are involved in stromal structure and immune cells (tumor suppressor and tumor promoting cells). These cells have several interactions with each other that are mainly regulated via the release of intercellular mediators. Radiotherapy can modulate these interactions via shifting secretions into inflammatory or anti-inflammatory responses. Radiotherapy also can trigger resistance of cancer (stem) cells via activation of stromal cells. The main mechanisms of tumor resistance to radiotherapy is the exhaustion of anti-tumor immunity via suppression of CD4+ T cells and apoptosis of cytotoxic CD8+ T lymphocytes (CTLs). Cancer-associated fibroblasts (CAFs), mesenchymal-derived suppressor cells (MDSCs) and regulatory T cells (Tregs) are the main suppressor of anti-tumor immunity via the release of several chemokines, cytokines and immune suppressors. In this review, we explain the main cellular and molecular interactions and secretions in TME following radiotherapy. Furthermore, the main signaling pathways and intercellular connections that can be targeted to improve therapeutic efficiency of radiotherapy will be discussed.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.