会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

融合タンパク質法を用いたHelianthus annuus Linn由来シンナメート4-ヒドロキシラーゼの機能解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gene.2020 Jul;:144950. S0378-1119(20)30619-3. doi: 10.1016/j.gene.2020.144950.Epub 2020-07-16.

融合タンパク質法を用いたHelianthus annuus Linn由来シンナメート4-ヒドロキシラーゼの機能解析

Functional Characterization of Cinnamate 4-hydroxylase from Helianthus annuus Linn Using a Fusion Protein Method.

  • Ziwen Wang
  • Xiangyun Jian
  • Yucheng Zhao
  • Shan Li
  • Ziwei Sui
  • Li Li
  • Lingyi Kong
  • Jun Luo
PMID: 32683078 DOI: 10.1016/j.gene.2020.144950.

抄録

ヒマワリ(Helianthus annuus L.)は重要な油糧作物であり、その二次代謝物にはフラボノイドやリグニンなど多くの化合物が含まれています。しかし、ヒマワリのフェノール化合物の生合成に関する研究はまだ乏しい。シナメート4-ヒドロキシラーゼ(C4H)はチトクロームP450依存性モノオキシゲナーゼファミリーに属し、多くのフェノール化合物の合成に関与しているが、ヒマワリのC4Hはまだクローン化されておらず、機能的にも特徴づけられていない。本研究では、ヒマワリのトランスクリプトームとゲノムデータベースから、それぞれHaC4H1、HaC4H2、HaC4H3と名付けられた3つのC4H遺伝子をスクリーニングした。異種発現実験では、これまでの研究から制限部位を追加することで、複数のC4H機能を発現させやすく、インビトロでの活性検証に適した方法を改良していたが、今回の実験では、制限部位を追加することで、複数のC4H機能を発現させやすくした。N末端の膜アンカー領域を持たないHaC4Hを、シロイヌナズナ・タリアナのシトクロムP450酵素(CYP450)のレドックスパートナーと本方法で融合させ、大腸菌で機能発現させたところ、これら3つの酵素がp-クマリン酸の生成を触媒することが示された。我々の融合タンパク質アプローチが他のC4Hにも適用できるかどうかをさらに調べるために、この方法を用いてPeucedanum praeruptorumおよびAngelica decursiva由来のC4Hの機能を調べたところ、これらのC4Hはトランス桂皮酸をp-クマリン酸に変換することもできることがわかった。遺伝子発現プロファイルを調べたところ、3つのHaC4H遺伝子はいずれも根で最も高い転写レベルを示し、MeJAによってアップレギュレーションされている可能性があることがわかった。まとめると、これらの結果は、ヒマワリにおけるHaC4Hの機能を明らかにし、原核生物の発現系におけるC4H、さらには他のチトクロームP450酵素を探索するためのより簡単な方法を提供する。

Sunflower (Helianthus annuus L.) is an important oil crop, the secondary metabolites of it include many compounds such as flavonoids and lignin. However, the research on the biosynthesis of phenolic compounds in sunflowers is still scarce. Cinnamate 4-hydroxylase (C4H) belongs to the cytochrome P450-dependent monooxygenase family and is involved in the synthesis of many phenolic compounds, but C4H in sunflowers has not yet been cloned and functionally characterized. In this study, we screened three C4H genes from the sunflower transcriptome and genomic databases, named HaC4H1, HaC4H2, and, HaC4H3, respectively. In heterologous expression experiments, we had improved a method from previous studies by the addition of restriction sites to make it easier to express multiple C4H functions and suitable for in vitro activity verification. HaC4Hs without the N-terminal membrane anchor region was fused with a redox partner of Arabidopsis thaliana cytochrome P450 enzyme (CYP450) by the method and functionally expressed in E. coli and the results showed that these three enzymes catalyzed the formation of p-coumaric acid. To further investigate whether our fusion protein approach is applicable to other C4Hs, we used this method to explore the functions of C4H from Peucedanum praeruptorum and Angelica decursiva, and they can also convert trans-cinnamic acid to p-coumaric acid. The gene expression profile showed that all three HaC4H genes showed the highest transcription levels in the roots and might be up-regulated by MeJA. In summary, these results reveal the function of HaC4Hs in sunflower and provide a simpler way to explore C4H and even other cytochrome P450 enzymes in prokaryotic expression systems.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.